造成砂地畑における暗渠排水によるサツマイモの収量,品質の向上

タイトル 造成砂地畑における暗渠排水によるサツマイモの収量,品質の向上
担当機関 徳島県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者 黒島忠司
小川 仁
梯 美仁
発行年度 1999
要約  造成砂地畑に深さ60cm,5m間隔で暗渠を設置すると,サツマイモの収量が増加する。また,塊根表面の凹凸が少なくなる,皮目が小さくなる等,塊根の外観上の品質も向上する。
背景・ねらい
造成砂地畑は,連作に伴い砂粒子が細粒化して土壌の排水性および通気性が悪化するため,サツマイモの収量や品質が低下する。栽培農家は,古くから粗粒質の海砂を客入する「手入れ砂」処理を定期的に行って物理性の改善を図ってきたが,近年海砂の入手が困難になってきた。
そこで,砂地畑土壌の物理性を改善するために暗渠を設置し,サツマイモの収量,品質に及ぼす影響について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 造成砂地畑に深さ60cm,5m間隔で暗渠を設置すると,土壌の排水性が向上し,サツマ イモ生育期間中の土壌水分が無処理区より低く推移する(図1)。
  2. 暗渠の設置により増収し,特に市場価値の高いM級以上の収量が増加する。また,栽 培期間中の降水量が多い年ほど増収効果が著しい(図2,図3)。
  3. 暗渠区は,塊根表面の凹凸の程度が弱くなる,皮目の大きさが小さくなる等,塊根の 外観上の品質が向上し,秀品率が高まる(図4,図5)。
成果の活用面・留意点
  1. 造成砂地畑に暗渠を設置することにより,「手入れ砂」の客入頻度を低下させること ができる。
  2. 暗渠は外径10cmの溝付き素焼き土管を概ね6m間隔で地表から50~60cmの深さに設置し, 末端部の深さは用排水路の水位の季節変動を考慮して決める。
  3. 水田,湿地等に砂を客土した造成砂地畑に適用する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019249
カテゴリ 季節変動 水田 排水性

この記事は