傾斜地ハウスにおける循環式養液土耕システム

タイトル 傾斜地ハウスにおける循環式養液土耕システム
担当機関 四国農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 吉川省子
川嶋浩樹
長崎裕司
野中瑞生
発行年度 1999
要約 本養液土耕システムは,給液終了と同時に排水弁を開放してただちに排水するため,施肥・潅水が均一となり,傾斜地ハウスで作物を斉一に栽培できる。排水前に原水のみを一定時間給液することで,排水は原水のみとなり循環利用できる。
背景・ねらい
四国傾斜地域では野菜・花きの生産性向上のため,傾斜地ハウスの開発およびその利用技術の確立が要望されている。集約性の高い園芸作物の省力的な栽培方法として注目されている養液土耕法は少水,少肥型であるため,傾斜地域の野菜・花き栽培における潅水・施肥装置として優れている。そこで,傾斜地ハウスにおける野菜・花きの生産性向上を図るため,傾斜地形に対応した養液土耕システムを開発しようとする。
成果の内容・特徴
  1. 本システムは,制御盤,原水タンク,原水ポンプ,原液タンク,液肥混入機,電磁弁,ダイヤフラム式点滴チューブで構成される既存の養液土耕システムに,集水管,排水弁,排水タンクおよび循環用ポンプを配置して構成する(図1)。
  2. 給液方法は,まず原水と原液を任意の濃度に希釈して施用した後,引き続き原水のみで一定時間給液し,点滴チューブ内に残存する液肥を原水で押し出し圃場へ排出する。その後,給液終了と同時に排水弁を開放して点滴チューブ内に残存する水を排水タンクヘ排出する(図1)。
  3. 排水弁を開放してただちに排水することで,斜面下方での点滴チューブからの漏出は解消され,傾斜地ハウス内で均一に施肥・潅水ができる(図2)。
  4. 排水は原水のみとなるため,循環用ポンプで原水タンクヘ揚水して再利用する(図1)。
  5. 本システムにより,傾斜地ハウス内で野菜・花きを斉一に栽培できる(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 本システムは点滴チューブを傾斜方向に設置した場合に適用できる。
    なお、無加温ハウスを利用した場合と比べてコストが安い反面、風に弱いために防 風対策が必要となる。
  2. 装置本体は斜面上方に設置する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019216
カテゴリ 傾斜地 コスト 施肥

この記事は