等高線畝栽培の傾斜ハウスに対応したレール式遠隔操作薬剤散布機

タイトル 等高線畝栽培の傾斜ハウスに対応したレール式遠隔操作薬剤散布機
担当機関 四国農業試験場
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者 井澤誠一((株)土佐農機)
吉川省子(四国農試) 西沢準一((株)ニシザワ)
川嶋浩樹
長崎裕司
野中瑞生
発行年度 1998
要約 開発したレール式遠隔操作薬剤散布機は、傾斜ハウス内の等高線方向に設置したレールを懸架走行し、ホースで送られてきた薬液をブームノズルで散布する小型軽量機である。脱着・移動は手動で行い、最大30m離れた位置から遠隔操作できる。
背景・ねらい 四国中山間傾斜地域の狭隘な傾斜畑に設置した傾斜ハウス栽培では、薬剤散布の軽労・省力化が重要であり、高齢者や女性作業者でも簡単に操作・脱着できる小型薬剤散布機の開発が必要である。一方で、畝溝の整地が困難な等高線畝栽培の傾斜ハウスや規模の小さなハウスでは、現在市販されている地上走行式の機械は適用できない。そこで、レールを利用し、走行を遠隔操作できる小型・軽量の薬剤散布機を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 開発機は、動力噴霧機で加圧されホースを介して送られてきた薬液を、本体に装着したブームノズルで散布する。小型・軽量であることからレールからの脱着・移動が手動で容易にできる。減速機内蔵の小型DCモータで直径74mmの駆動輪を駆動し0.3m/s程度で走行する。バッテリは電動工具用の12Vニッカド電池を使用する(図1、表1)。
  2. 遠隔操作の発信器は幅40mm、長さ55mmと小さく、前進、後進のボタンをそれぞれ押している間だけ動作する(図1)。操作可能範囲は30m以内である。
  3. 設置するレールは21mm角パイプを使用し、ハウスの梁もしくは支柱に専用の金具(図2)を利用し簡単に取り付けられる。
  4. トマトの薬剤散布に要した時間は手散布の1/2強であり、葉裏の付着が手散布に比べ若干劣る(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 遠隔操作機能上、長さが30m未満のハウスに適用する。傾斜ハウスではけん引性能上、等高線方向にレールを設置して使用する。
  2. レール資材のコストは1m当たり665円である。
  3. レールは作業の支障とならない位置に設置する。金具の取付間隔は3m以内とする。
  4. バッテリ1個当たりで作業可能な走行距離は250m程度である。
  5. 本機は野菜・花き生産における傾斜地作業の軽労化・省力技術の体系化で活用する。align="right">

カテゴリ 遠隔操作 傾斜地 軽労化 コスト 省力化 中山間地域 トマト 薬剤

この記事は