傾斜地カンキツ園用の歩行形汎用作業車

タイトル 傾斜地カンキツ園用の歩行形汎用作業車
担当機関 四国農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者 角川修
宮崎昌宏
高辻豊二
山本博
中尾誠司
猪之奥康治
長崎裕司
長谷川美典
田中宏明
発行年度 1997
要約 歩行形汎用作業車は,荷台が昇降するクローラ式の運搬台車に風筒式防除装置,肥料散布装置,あおりをそれぞれ装着し,傾斜地カンキツ園における防除・施肥・運搬・高所作業の軽労・省力化を図ることができる。
背景・ねらい 傾斜地カンキツ作は機械化が遅れ,生産農家に長時間の重労働が強いられている。そこで,管理作業の軽労・省力化技術を確立するため,園内作業道が整備された傾斜地カンキツ園に適応し,機械装備費が少ない小型汎用作業車を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 歩行形汎用作業車は,その場旋回ができ,荷台が昇降するクローラ式台車に風筒式防除装置,肥料散布装置,あおりをそれぞれ装着して,
    1台で防除・施肥・運搬・高所作業ができる汎用作業車である。防除及び施肥装置の脱着は,カセット式で,一人作業で
    2分以内で行える(図1 )。
  2. 薬液を送風散布する風筒は,上向きに
    35度,下向きに
    20度,左右に
    85度まで油圧シリンダ及び電動シリンダで動かすことができる。このため,高低差の大きい園内作業道両側の樹木に対してスポット散布と葉裏への薬液の付着が良い振り散布ができる。肥料散布装置は,遠心送風機で発生する風で肥料を機体側方に送風散布するため,最大散布幅が
    4.6m
    と広く,園内作業道から樹冠下へ肥料散布ができる。高所作業では,荷台に搭乗して荷台の昇降操作ができるため,高所の採取作業が楽にできる。また,油圧シリンダによるソリ状のアウトリガーを設けているため,高所作業時の機体安定性が高まる
    ( 図
    2)。
  3. 薬液の散布性能は,散布量
    300~
    500L/10a
    ,噴霧量16
    ~23L/min
    ,作業能率
    15a/hである。肥料の散布性能は,吐出量
    14~
    25㎏
    /min,作業能率
    30a/hである。運搬能力は果実収穫用コンテナ
    10ケース,最大揚高
    1.18mである(表1 )。
成果の活用面・留意点
  1. 道幅
    1.3m以上の園内作業道が
    2樹列あるいは
    1樹列おきに配置され,勾配
    15度以下の上下連絡道が整備されている傾斜地カンキツ園に導入できる。
  2. 散布作業は,噴霧液の漂流飛散を避けるため,自然風速
    3m/s以下の条件下が好ましい。
  3. 肥料散布装置は,粒状及びペレット状肥料に適応する。
  4. 高所作業は,園内作業道の平坦部で行う。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010019113
カテゴリ 機械化 傾斜地 省力化 施肥 肥料散布 防除 その他のかんきつ

この記事は