総合施設資金による規模拡大と経済効率性の改善――北海道酪農・肉用牛農家の事例――

タイトル 総合施設資金による規模拡大と経済効率性の改善――北海道酪農・肉用牛農家の事例――
担当機関 農業総合研究所
研究課題名
研究期間 1993~1993
研究担当者
発行年度 1993
要約 総合施設資金を借り入れた酪農、肉用牛農家を対象に、規模拡大投資における実質収益率の規定要因を明らかにした。フロンティア関数から推計された規模弾力性と経済効率性の変化が収益率の分散要因であることを示した。
背景・ねらい 個票データを使って投資の実質収益率を計算すると、観察データに
分散が観察される。農業の交易条件が角農家に等しく影響すれば、
こうした分散は個別経営における技術条件と関係しているはずであ
る。本研究は、投資事業前後における経済効率性の変化と、規模弾
力性を把握するため、フロンティア費用関数を推計し、投資の実質
収益率の分散要因を明らかにした。
成果の内容・特徴
  1. 経済効率性は投資事業後に改善している。つまり、農家の技術選択
    は投資事業前よりは事業後において、費用最小化を実現する要素需
    要の均衡点に接近している。
  2. サンプルとなった酪農経営には規模の経済性が存在し、肉用牛経営
    には存在していない。労働節約的な技術体系を確立した大規模肉用
    牛に、規模の経済性が存在しないことは首肯しえる。
    (表1)
  3. 酪農の経済効率性は労働生産性と正の相関関係にある。生産調整に
    よって酪農の規模拡大は制限されている。その結果、資本投下によ
    って節約された家族労働が、経営に留まった場合、経済効率性と労
    働生産性はともに低下する。肉用牛の経済効率性は経常投入財の生
    産性と正の相関関係にある。適切な飼料給与を行えば、経済効率性
    は上昇する。
  4. 経済効率性は、酪農について経営規模と正の相関にあり、肉用牛に
    ついて負の相関にある。
    (図1)
成果の活用面・留意点 経済効率性は、農家の規模選択に関する合理性については無知であ
るから、フロンティア利潤関数を推計し、規模効率性を知る必要が
ある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010018763
カテゴリ 規模拡大 経営管理 肉牛 乳牛

この記事は