キレンゲツツジと交雑親和性の高い常緑性ツツジ

タイトル キレンゲツツジと交雑親和性の高い常緑性ツツジ
担当機関 野菜・茶業試験場
研究課題名
研究期間 1997~2000
研究担当者 岡本章秀
須藤憲一
発行年度 2000
要約 キレンゲツツジと交雑親和性が高い常緑性ツツジはマルバサツキおよびサタツツジである。
キーワード キレンゲツツジ、交雑親和性、マルバサツキ、サタツツジ
背景・ねらい 黄色い花色の常緑性ツツジの開発は強く要望されている。落葉性ツツジから黄色の花色を常緑性ツツジに導入する試みが行われているが、一般に両者間の交雑は不親和とされている。そこで白花の常緑性ツツジを種子親、キレンゲツツジを花粉親とする交雑における不和合性および雑種致死を明らかにし、交雑親和性の高い常緑性ツツジ遺伝資源を検索する。
成果の内容・特徴
  1. キレンゲツツジの花粉管は常緑性ツツジの花柱および子房内で正常に伸長するので(図1)、不和合性はその後発生する。
  2. 受精に伴う胚珠の発達の割合はマルバサツキが高く、キシツツジは低い(表1)。
  3. 種子形成能はマルバサツキ、サタツツジおよび‘雪化粧’が高い(図2)。
  4. 種子の発芽率は‘雪化粧’およびミヤマキリシマが高いが、緑色の子葉をもつ実生の出現率(緑色実生率)は低い。一方サタツツジおよびフジツツジは発芽率が低いが、緑色実生率は高い。発芽率と緑色実生率との間には負の相関関係(r=-0.81)があり、両特性値に優れた種・品種はない(図3)。
  5. 種子数/さく×発芽率×緑色実生率から推計したマルバサツキおよびサタツツジのさく当たりの健全実生数はそれぞれ14.5および5.5個であり、他より交雑親和性が高い(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 黄色の花色をもつ常緑性ツツジを開発するための基礎データである。
  2. 交雑親和性の程度は種内でも個体間差がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010018167
カテゴリ 遺伝資源 品種

この記事は