インターネットで利用可能な製茶工程診断エキスパートシステム

タイトル インターネットで利用可能な製茶工程診断エキスパートシステム
担当機関 野菜・茶業試験場
研究課題名
研究期間 1998~2000
研究担当者 吉冨 均
山口優一
発行年度 1998
要約 製品の欠陥からその原因を指摘する製茶工程診断エキスパートシステムを、人工知能の手法の一つであるプロダクションシステムを用いて開発した。このシステムは、ブラウザからインターネットを通して容易にアクセスできる。
キーワード 製茶工程診断エキスパートシステム、人工知能、プロダクションシステム、インターネット
背景・ねらい 生葉の性状や製茶条件は、製品の茶の品質に様々な影響を与え、それらに問題があると品質上の欠陥となって現れる。この欠陥は、茶の官能検査の際にコメントの形で指摘されるが、このコメントからその原因を推定し、対策を講じることは、より高品質の茶を作る上で極めて重要である。しかし、このように原因を推定し、対策を指示できるほどの豊富な経験を持つ熟練者は、高齢化とも相俟って、それが必要な現場での確保が難しい。そこで、熟練者に代わって製品の欠陥からその原因を推定する診断型エキスパートシステムを開発し、しかも、インターネットを通して利用可能とすることで、製茶工程等の改善、高品質茶の生産に寄与しようとした。
成果の内容・特徴
  1. このシステムは、図1に示すような構造で、推論を行う診断・説明プログラムと画面表示を行うCGI(Common Gateway Interface)および両者を繋ぐネットワーク管理プログラムから成り、すべてサーバ上で動作する。
  2. システムの利用に当たっては、ユーザ側で特別なプログラムを用意する必要はなく、インターネットを通して、標準的なブラウザでアクセスできる。
  3. 診断を開始するには、図2の入力ページで、茶の審査用語一覧から、該当する欠陥をマウスでチェックし、診断ボタンを押す。
  4. 推論は、サーバ上のPrologで書かれた診断プログラムにより、前向き推論のプロダクションシステム方式で行われ、ファジィ推論により、結果の可能性が計算される。
  5. 診断結果は、画面に図3のような形で、工程毎に可能性の高いものから表示される。
  6. 推論過程の説明を求めるときは、診断結果の該当個所の右にあるラジオボタンをチェックし、推論過程表示ボタンを押す。
  7. 推論過程の追跡は、説明プログラムにより、推論過程記録ファイルを利用して行われ、結果は推論の順を追って表示される。
  8. 診断プログラムやルールデータベースがサーバ上にあるため、機能アップやルールの追加等の保守作業が容易で、ユーザに最新のサービスを提供できる。現時点では、200近いルールがルールデータベースに登録されている。
成果の活用面・留意点
  1. 可能性のある原因をすべて表示するため、ユーザでその事実があるかどうかを調べる必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010018092
カテゴリ データベース ぼたん

この記事は