茶樹における生体電位計測と電位変動(研究)

タイトル 茶樹における生体電位計測と電位変動(研究)
担当機関 野菜・茶業試験場
研究課題名
研究期間
研究担当者 渡辺利通
本間知夫
発行年度 1998
要約 茶樹の生体電位を茎部より誘導し,連続的に安定して計測することが可能である。電位は日周変動を示し,その変動には光・温度が関与している。また,施肥直後に対応を見せる電位変化を検出することも可能である。
キーワード 生体電位、連続的、日周変動、施肥野菜・茶業試験場 茶栽培部 作業技術研究室
背景・ねらい  チャは永年生作物であり,長期的に植物体を良好な状態に維持管理することが求められる。
茶樹の生理状態を迅速・非破壊的・定量的に解析・評価し,その時の生理状態に応じた管理作業を
行うことは,茶園の良好な状態を永続させる上で重要であると共に,これまで画一的に行われてきた
茶園管理の合理化・軽労化にもつながる。本研究では,茶樹生体情報のリアルタイムセンシング技術の
基礎となる生体電位計測を実施し,施肥応答等の検出を試みる。
成果の内容・特徴
  1. 茶樹の生体電位は,土壌を基準として茎部内部の電位を計測している(図1)。本法により長期的に安定した茶樹生体電位が計測できる。
  2. 恒温培養室(25℃一定,人工光)で計測した‘やぶきた’幼茶樹の生体電位は,光のオン・オフ時に顕著な電位変化が認められる(図2)。
  3. 野外計測した‘やぶきた’幼茶樹及び成木茶樹の生体電位は日周変動を示す。電位レベル,変動パターン,1日のうちの電位変動値は季節や天候により異なる(図3)。これらの結果は,電位変動には光,温度が複雑に関わっていることを示している。
  4. 測定している電位は根の状態と関係があると思われ(図1),施肥や灌水等の根系環境に影響を及ぼす処理に対しては,早い電位変化が観察される(図4)。
成果の活用面・留意点
  1. チャ以外にも様々な植物での電位計測が可能である。
  2. 様々な地域・場面で計測を行い,電位変化と関係のある生理機能や事象を特定することが本法の実用化につながる。
  3. 本法は液絡系で電位計測を行っているため,液切れ等に対する注意が日常的に必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010018089
カテゴリ 軽労化 施肥 センシング

この記事は