軟X線照射花粉の授粉による種なしスイカ作出法(普及)

タイトル 軟X線照射花粉の授粉による種なしスイカ作出法(普及)
担当機関 野菜・茶業試験場
研究課題名
研究期間 1998~2000
研究担当者 坂田好輝
森下昌三
杉山慶太
斉藤猛雄
発行年度 1998
要約 軟X線を照射した花粉で授粉することにより、普通スイカ(2倍体)を種なし果実にする方法を開発した。実用的な照射線量は800Gyである。成熟日数及び果実品質は通常の授粉によって得られるスイカと同等である。
キーワード 軟X線、花粉、種なし果実野菜・茶業試験場・久留米支場・ウリ科野菜育種研究室
背景・ねらい  スイカは可食部に種があるため,食べる時に煩わしく、食べやすい種なしスイカを望む声が高い。現在実用化している種なしスイカの作出方法は,3倍性不稔を利用する方法である。しかし,この3倍体種なしスイカは2倍体の普通スイカに比べて品種育成に長い年月がかかること、種子の発芽率が低いこと、果実の品質が劣ること等の理由から広く普及していない。この他、種なしスイカを作出する方法としては植物ホルモンを利用する方法があるが、果実が小さく、また奇形になり易いこと等から実用化していない。そこで、これらの問題を解決するために、普通スイカ(2倍体)を種なし果にする方法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 開花当日に採花した雄花に軟X線を照射する。
  2. 軟X線照射によって不活化した花粉で雌花に人工授粉することにより、単為結果を誘導し果実を肥大させる。
  3. 800~1000Gyの照射線量で正常種子がなくなるが(図1)、照射時間を考慮すると実用的には800Gyが適当と考えられる
  4. 種なし果実は普通スイカ果実と同様に肥大し、同程度の日数で成熟する(表1)。
  5. 果実の形状、果肉色及び果皮の厚さは普通スイカのそれと同程度であり、糖度は普通スイカよりもやや高い傾向がある(表1)。
  6. 果実中に3倍体スイカと同様にしいなが残るが、正常種子は全く見られない(表1、図2)。
成果の活用面・留意点
  1. この手法は、小玉・大玉を問わないスイカ品種に適用できる。
  2. 果実中に残るしいなの数は交配時期や品種によって少々異なる。
  3. 訪花昆虫による正常花粉の混入を防止する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010018071
カテゴリ 育種 すいか 単為結果 品種

この記事は