被覆塩化カルシウム施用によるハクサイ軟腐病の軽減(研究)

タイトル 被覆塩化カルシウム施用によるハクサイ軟腐病の軽減(研究)
担当機関 野菜・茶業試験場
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者 菊地 直
山崎浩道
木村 武
発行年度 1998
要約 ハクサイ軟腐病の発病は,培養液カルシウム濃度が高い場合に抑制され,被覆塩化カルシウムを施用し,植物体のカルシウム含有率を高めた場合に軽減される。
キーワード ハクサイ軟腐病、カルシウム、被覆塩化カルシウム野菜・茶業試験場・環境部・土壌肥料研究室
背景・ねらい  ハクサイ軟腐病は重要土壌病害の一つで,高温多湿の条件下で多発し,大きな被害をもたらしているが,これまでに有効な対策技術は確立されておらず,新たな発病軽減技術が求められている。そこで,いくつかの病害で発病軽減効果が認められているカルシウムの施用によるハクサイ軟腐病の軽減技術の確立を目的とする。
成果の内容・特徴
  1. カルシウム濃度の異なる培養液を施用し,砂耕ポット栽培した結球開始期のハクサイに対し,軟腐病菌を付傷接種した場合,軟腐病の病徴進展は,培養液カルシウム濃度が高いほど抑制される(図1)。
  2. 2種類のカルシウム塩類を樹脂被覆し,溶出を制御した被覆カルシウム資材を定植時に施用してハクサイを土耕栽培し,結球期に軟腐病菌を接種した場合,軟腐病の発病は、被覆硝酸カルシウムの施用による影響を受けず,被覆塩化カルシウムの施用により軽減される(図2)。
  3. この場合のハクサイの生育は処理区間で差がない(図3)。また,植物体カルシウム含有率は,被覆硝酸カルシウム施用区では高まらず,発病軽減の認められる被覆塩化カルシウム施用区で高まる(図4)。したがって,被覆塩化カルシウム施用によるハクサイのカルシウム吸収の増加が発病軽減に寄与するものと推測される。
成果の活用面・留意点
  1. 野菜生産のための肥料・資材の開発・利用に役立ち,栄養環境制御による発病軽減技術を開発するための基礎資料となる。
  2. 被覆塩化カルシウムは試作品であり,市販されていない。
  3. 本成果は単年度の試験結果であり,実用的な技術にするためには,数作にわたる栽培試験での発病の推移を明らかにする必要がある。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010018063
カテゴリ 環境制御 栽培技術 土壌管理技術 はくさい

この記事は