野菜類の抗酸化活性の評価およびモロヘイヤにおける活性成分の同定(研究)

タイトル 野菜類の抗酸化活性の評価およびモロヘイヤにおける活性成分の同定(研究)
担当機関 野菜・茶業試験場
研究課題名
研究期間 1998~2000
研究担当者 伊藤秀和
一法師克成
山口優一
寺尾純 二(徳島大)
中山真義
東 敬子
東尾久雄
発行年度 1998
要約 種々の野菜の抗酸化活性を評価した。また、高い抗酸化活性を示したモロヘイヤから5種のフェノール性抗酸化成分を単離・同定した。
キーワード 野菜、抗酸化活性、モロヘイヤ、フェノール性抗酸化成分野菜・茶業試験場 生理生態部 品質解析研究室
背景・ねらい 野菜類に含まれる生理的機能性成分のうち、抗酸化性成分は活性酸素による生体成分の酸化傷害を
抑えることにより種々の疾病や老化を防止するものとして注目されている。本研究では、種々の野菜の
抗酸化活性を評価するとともに、活性の高い野菜の活性成分を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 野菜類の抗酸化活性は、アオシソ、モロヘイヤ、パセリ、シュンギク、ニガウリ などで強い
    (表1)。
  2. モロヘイヤの抗酸化活性は主にポリフェノール類によるものであり (図1)、そ の活性成分はクロロゲン酸、
    3,5-ジカフェオイルキナ酸、ケルセチン 3-ガラクトシ ド、ケルセチン 3-グルコシド、ケルセチン
    3-(6-マロニルグルコシド)である (図2)。なかでも、クロロゲン酸は含量が多く、抗酸化活性も強いことから(表2)、 
    モロヘイヤの主要な抗酸化成分である。
成果の活用面・留意点
  1. 本研究で得られた評価結果の活用にあたっては、さらに動物実験等によるin vivo 活性評価試験が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010018042
カテゴリ 機能性成分 しそ しゅんぎく にがうり パセリ モロヘイヤ

この記事は