青枯病抵抗性台木品種におけるトマト青枯病菌の移行と増殖に影響を及ぼす条件

タイトル 青枯病抵抗性台木品種におけるトマト青枯病菌の移行と増殖に影響を及ぼす条件
担当機関 中国農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~2000
研究担当者 宮川久義
中保一浩
発行年度 1997
要約  抵抗性台木品種におけるトマト青枯病菌の移行と増殖は感染時の苗齢が大きいほど、生育温度および病原菌濃度が低いほど抑制される。
キーワード 抵抗性台木品種、トマト青枯病菌、移行、増殖、苗齢、生育温度、病原菌濃度中国農業試験場 地域基盤研究部 病害研究室
背景・ねらい  トマト青枯病防除対策のための抵抗性台木品種の利用は、最も安定した技術として定着している。しかし、近年、接ぎ木トマトにおける青枯病の発生が各地で問題となっており、台木品種の青枯病抵抗性機構に基づいた防除法の確立が望まれている。これまでに台木品種は病徴を示さなくても青枯病菌に感染していること、接ぎ木トマトは、この台木の無病徴感染により青枯病菌が穂木に移行し発病することを示した。そこで、植物体内での青枯病菌の感染と増殖を詳細に解析することにより、台木品種の抵抗性機構を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 抵抗性台木品種LS-89(LS)が青枯病菌に無病徴感染し、感受性品種ポンデロ-ザ(Pon)が発病する接種(断根)条件下で、主根から上位の茎部における病原細菌の濃度、検出率を比較した結果、LSの植物体内での青枯病菌の濃度はPonに比べ低い(図1)。また、茎部の上部にいくほど青枯病菌の検出率が低下する(図2)。
  2. 接種時の苗齢,栽培温度および接種源濃度の条件が台木品種の感染に及ぼす影響を調べた結果、LSの感染苗の割合は、接種時の苗齢が大きいほど、また接種源濃度あるいは接種後の苗の栽培温度が低いほど減少する(図3)。高度の青枯病抵抗性を持つ台木品種BF興津101号(BF)についても接種条件の違いによる感染苗の割合の変動はLSと同じ結果を示す(図3)。
  3. 以上の結果から、台木の植物体内における青枯病菌の移行と増殖は、感染時の苗齢、生育温度、病原細菌濃度等によって異なる。
成果の活用面・留意点
  1. LS、BFと異なる抵抗性遺伝子を持つ品種については同様な検討が必要である。
  2. 土壌改良、地温の抑制、土壌消毒等の総合的な防除技術の中で台木の抵抗性を利用する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010018017
カテゴリ 青枯れ病 台木 接ぎ木 抵抗性 抵抗性遺伝子 トマト 土壌改良 土壌消毒 品種 防除

この記事は