昼夜温度差処理(DIF)による花き苗の生育制御

タイトル 昼夜温度差処理(DIF)による花き苗の生育制御
担当機関 野菜・茶業試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者 伊東明子(現果樹試)
久松 完
腰岡政二
発行年度 1996
要約  昼夜温度差処理(DIF)により、葉分化にはさほど影響を与えることな く花き苗の伸長制御が可能である。すなわち、+DIFにより伸長促進効果が、 -DIFにより伸長抑制効果が発現する。また、DIFの効果は可逆 的である。
キーワード 昼夜温度差処理、DIF、伸長制御野菜・茶業試験場 花き部 開花制御研究室
背景・ねらい  近年、苗生産、流通においてセル成型苗が主流となっているが、根域が制限されまた栽植密度が大きいことから苗が徒長しやすい。そのため理想的な苗の作出にわい化剤等の化学物質を利用しているが、化学物質ではその作用がわい化あるいは徒長の一方向のみであること、環境に負担があることなどが懸念される。そこで、昼夜温度差処理(DIF=昼温-夜温)を利用することによりストック、キンギョソウ、パンジー、インパチェンス等の一年草花き類苗の生育初期段階における草丈の伸長制御を試み、苗生産過程での利用法の開発に資する。
成果の内容・特徴
  1. DIFの伸長促進効果は、草丈、第1節間、葉柄で大きく、+DIF(昼温が夜温より高い状態)>0DIF(昼温と夜温が等しい状態)>-DIF処理(昼温が夜温より低い状態)の順になる(図1)。すなわち、+DIFにより伸長促進効果が、-DIFにより伸長抑制効果が発現する。葉身長に対するDIFの効果は小さい。
  2. DIFの葉分化に対する影響は小さい(表1)。
  3. DIF効果は可逆的であり、生育途中でのDIFの反転効果は、苗の大きさには関係なく認められる。また、DIFの反転後の伸長制御には、反転前のDIFの効果は影響せず、反転後のDIFの効果に依存する(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 一年草花き類の苗生産における伸長制御技術として利用可能である。 
  2. DIFを利用する場合は、花きの生育適正温度内でなければならない。
  3. 植物種あるいは器官によりDIFの効果に違いがある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017988
カテゴリ インパチェンス ストック パンジー わい化

この記事は