野菜残さ収集機

タイトル 野菜残さ収集機
担当機関 生物系特定産業技術研究推進機構
研究課題名
研究期間 1994~1995
研究担当者 金丸直明
金光幹雄
高山徳七他
発行年度 1995
要約 連作障害対策のためにキャベツ、ハクサイ、ブロッコリー等の野菜収穫残さを掘り取って、土壌からふるい分けて収集し、圃場外へ搬出することのできるトラクタけん引式の残さ収集機を開発した。けん引式
キーワード 連作障害対策、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、野菜収穫残さ、トラクタけん引式
背景・ねらい  野菜産地では、連作障害による減収や品質の低下が問題となっているが、根こぶ病等の
土壌伝染性病害が主要因である。この土壌病害対策としては、輪作、土壌消毒、薬剤散布、
耐病性品種の利用、有機物施用などが行われている。これらの対策と併せて、収穫残さを
集めて搬出し処理することが有効な対策であると考えられる。しかし、多くの労力を要す
るため、現状は収穫残さの収集搬出を行わずにロータリで鋤き込んでいる。
 このような背景の下で、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーなどを対象として、収穫残
さを省力的に収集し搬出するための野菜残さ収集機を開発した。
成果の内容・特徴
  1. 37kW級トラクタでけん引する2畝用野菜残さ収集機(図1)(表1)を開発した。
  2. 本機はキャベツ、ハクサイ、ブロッコリーなどの収穫残さを根部から掘取り、土をふ
    るい落としてバケットに収納する。バケットに収集した残さはトラック等の荷台に容易 
    に荷下ろしできる。
  3. 収穫残さのうち、根茎部は95%以上の収集が可能である。(表2)
  4. 1時間に6~13a程度の作業能率で残さ収集できる。(表3)
  5. 野菜収穫残さの収集搬出作業は、手作業では多労のため困難であったが、本機により
    容易に行うことができる。
成果の活用面・留意点
     野菜収穫残さを収集搬出することにより、連作障害対策としての効果が期待できる。ま
    た、後作の播種又は定植作業が容易になる。収集した残さは、堆肥化などの方法で処理し
    た後、圃場に還元することが望ましい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017927
カテゴリ キャベツ 栽培技術 耐病性品種 土壌消毒 はくさい 播種 ブロッコリー 薬剤 輪作 連作障害

この記事は