広食性蚕品種「ひたちさんし」

タイトル 広食性蚕品種「ひたちさんし」
担当機関 蚕糸・昆虫農業技術研究所
研究課題名
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1996
要約 [要約]春蚕用の広食性蚕品種「ひたちさんし」を民間との共同研究により育成した。本品種は強健で収繭量が多い多収性品種である。また、生糸量歩合、解じょ率、小節、練減率などの繭糸質が優良であり、高品質繭の生産が期待される。蚕糸・昆虫農業技術研究所・生産技術部・蚕育種研究チーム
背景・ねらい 広食性蚕品種は低コスト養蚕業を確立するための一翼を担うものと期待されている。しかしながら、既存の広食性蚕品種は普通品種に比べて繭糸質などに弱点があるため、普通品種並みの生産性や繭糸質を持つ広食性蚕品種の育成が求められている。そこで、実用性の高い新しい広食性蚕品種を早期に選出するため、蚕品種研究所との共同開発を行う。
成果の内容・特徴
  1. 蚕育種研究チームで育成された「日603号」と「中604号」、蚕品種研究所で育成された「ひたち」と「にしき」を組み合わせた四元交雑種の「日603号・ひたち×中604号・にしき」(愛称:ひたちさんし)が平成8年3月に春蚕用の広食性蚕品種として指定された。
  2. 原種のうち日本種の「ひたち」及び中国種の「中604号」と「にしき」は限性斑紋品種であるので、中国種の交雑原種は限性斑紋を有するが、日本種の交雑原種は形蚕になり、交雑種では形蚕と姫蚕が分離する。なお、原種と交雑原種の性状に欠点がなく、飼育と採種を行う上で特に問題はない(表1)。
  3. 「ひたちさんし」は低コスト人工飼料によく適合し、発育が良好で眠期もよく揃い飼育が容易である。既存の広食性蚕品種に比べて繭重、収繭量、生糸量歩合などの生産性が高く、繭糸長、繭糸繊度、繭糸量、解じょ率などの繭糸質も優れている(表2)。
  1. 5齢期は食桑が活発であるので、給桑量に注意し、また壮蚕期と上蔟中は通風、換気をよくし、解じょ率を良好にするよう努めることが望ましい。
  2. 4齢まで人工飼料育した場合は配蚕等にあたって蚕体が損傷しやすくなるので、取扱いに注意を要する。
[その他]
研究課題名:
繭糸質に特徴をもつ広食性蚕品種の育成
予算区分:
経常
研究期間:
平成7年度(平成5~7年度)
発表論文等:
  1. ダイアレルクロスによるLPY‐141飼料に対する蚕摂食性の遺伝分析,日蚕講要,64号,1994
成果の活用面・留意点
  1. 5齢期は食桑が活発であるので、給桑量に注意し、また壮蚕期と上蔟中は通風、換気をよくし、解じょ率を良好にするよう努めることが望ましい。
  2. 4齢まで人工飼料育した場合は配蚕等にあたって蚕体が損傷しやすくなるので、取扱いに注意を要する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017805
カテゴリ 育種 カイコ 多収性 低コスト 品種

この記事は