カイコのゲノムからのDNA多型を示すクローンのスクリーニング法

タイトル カイコのゲノムからのDNA多型を示すクローンのスクリーニング法
担当機関 蚕糸・昆虫農業技術研究所
研究課題名
研究期間 1992~1993
研究担当者 行弘研司
安河内祐二
神田俊男
田村俊樹
発行年度 1993
要約 RFLP検出用のプローブを単離するためカイコの支108号系統由来のゲノムDNAライブラリーを作出した。このライブラリーのスクリーニング法が確立され、RFLPを検出できるクローンの単離効率が明らかにされた。
キーワード RFLP検出用のプローブを単離、クローンの単離効率
背景・ねらい イネ、トマト等で作物としての品質に関与する遺伝子が同定され、効率的育種法の開発を目指してRFLP連鎖地図の構築が進んでいる。これらはいわゆるゲノム研究の一端を担うものである。昆虫ではキイロショウジョウバエでゲノム研究が進んでいるが、有用昆虫である蜜蜂やカイコではまだ緒についてばかりである。しかし、有用昆虫としてカイコの利用を促進するにはRFLP連鎖地図による有用遺伝子のマッピングが重要である。そのためにはカイコゲノムDNAライブラリーよりDNA多型を示すクローンの単離効率を検討し、スクリーニング法を確立することが重要である。
成果の内容・特徴
  1. 支108号系統のゲノムDNAを制限酵素Pst1で切断して得られた0.5-2.0kbの断片よりゲノムDNAライブラリーを作出した。
  2. 32Pでラベルされた全ゲノムDNAをプローブとした2段階のハイブリダイゼーションによりゲノム中での反復度の低いクローンの選択法を確立した。
  3. 2.で確立された選択法を用いて、861クロンをスクリーニングした結果、151が反復度が低いと判明した。この中の109クローンを調べたところ60がシングルコピーであり、その中の45でDNA多型を検出できた。
  4. 作出したライブラリー全体を考えると約90%クローンが反復配列を含み、約10%がシングルコピーであり、そのうちの75%はRFLPを検出できるプローブとして使用できることが明らかとなった(図1)。
成果の活用面・留意点 カイコのゲノムDNAライブラリーからのRFLP検出用プローブの単離効率が決められた。この方法と他の手法を組み合わせることにより、高密度のRFLP連鎖地図の作出が可能となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017726
カテゴリ 育種 カイコ トマト

この記事は