ALS阻害型除草剤抵抗性を付与した組換え芝草用トールフェスク

タイトル ALS阻害型除草剤抵抗性を付与した組換え芝草用トールフェスク
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所
研究課題名
研究期間 2005~2006
研究担当者 佐藤広子
高溝 正
清水 力(クミアイ化学工業株式会社)
角康一郎(クミアイ化学工業株式会社) 
発行年度 2006
要約 イネ由来変異型アセト乳酸合成酵素(ALS)遺伝子を導入した組換え芝草用トールフェスクは、高濃度のALS阻害型除草剤に対して抵抗性を示す。
キーワード トールフェスク、遺伝子組換え、除草剤抵抗性、アセト乳酸合成酵素、飼料作物育種
背景・ねらい 除草剤抵抗性作物を利用すれば、使用する除草剤や除草労力の軽減が期待できる。イネから単離された2点変異型ALS遺伝子は、ALS阻害型除草剤に対して抵抗性を示すので、植物由来の除草剤抵抗性遺伝子として利用できる(Osakabe et al. 2005)。また、ALS遺伝子は、哺乳動物には存在せず人や動物に作用しないため、人体に対する安全性が高いと考えられる。そこで、芝草として重要なトールフェスクに2点変異型ALS遺伝子を導入し、除草剤抵抗性を付与した安全性の高い組換え体を作出する。
成果の内容・特徴
  1. アグロバクテリウム法を用いて2点変異型ALS遺伝子を導入した組換えトールフェスクを作出できる(図1)。
  2. ALS阻害型除草剤を処理すると、非組換え体ではALS活性が低下するが、組換え体の中からは、除草剤を処理していない非組換え体と同等程度のALS活性を示す個体が得られる(図2)。
  3. ALS阻害型除草剤を通常使用量散布すると非組換え体は枯死するが、組換え体は2倍量散布しても抵抗性を示す(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 公園やゴルフ場等の緑化利用場面において、環境負荷を軽減できる芝草を開発するための育種素材として利用できる。
  2. ALS遺伝子は優性であり、組換え体は当代のため遺伝子型はヘテロである。
  3. カリフラワーモザイクウイルス35Sプロモーターを植物由来のプロモーターに換えることで、さらに強い発現とPAに配慮した組換え体の作出が期待できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017628
カテゴリ 育種 カリフラワー 飼料作物 除草 除草剤 抵抗性 抵抗性遺伝子

この記事は