α-アミラーゼ添加によるリキッド飼料の粘性低減

タイトル α-アミラーゼ添加によるリキッド飼料の粘性低減
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所
研究課題名
研究期間 2002~2006
研究担当者 守谷直子
大森英之
石田三佳
田島 清
大塚 舞
小橋有里
蔡義民
徐春城
川島知之 
発行年度 2006
要約 米飯、パンなどデンプンの多い食品残さを主体として発酵リキッド飼料を調製する際、α-アミラーゼを添加しておくことで加熱処理時のデンプンの糊化を防ぎ、パイプラインによる輸送、給餌が可能な粘性の低い発酵リキッド飼料を調製できる。
キーワード 食品残さ、発酵リキッド飼料、粘性、α-アミラーゼ、飼料調製、ブタ、家畜生理・栄養
背景・ねらい コンビニエンスストアから消費期限切れ等で排出される食品残さとしては、米飯、おにぎり、菓子パンが多い。これら残さはデンプンを多く含んでおり、発酵リキッド飼料調製のために加水、加熱処理を行うことでデンプンが糊化し粘性が増すため、その後の発酵調製やパイプラインによる輸送、給餌の際に問題となる。
そこで食品残さを用いた発酵リキッド飼料調製時のα-アミラーゼ添加による粘性抑制効果について検討する。
成果の内容・特徴
  1. コンビニエンスストアから排出される米飯、おにぎり、菓子パンを主体として配合設計した肥育豚用リキッド飼料原料にα-アミラーゼを0(無添加)、0.01、0.1、1、10、100U/gの濃度で添加し、70℃、30分の加熱処理を行った後、乳酸菌LQ80と枯草菌LQ13の複合スターターを添加して一晩発酵リキッド飼料調製を行う。
  2. α-アミラーゼを添加しておくことで、加熱処理時のデンプン糊化によるリキッド飼料原料の粘度の上昇を抑制することができる(図1a)。
  3. α-アミラーゼ添加の有無に関わらず、調製された発酵リキッド飼料の粘度は加熱後に比べて高くなるが(図1b)、α-アミラーゼを10、100U/gの濃度で添加した発酵リキッド飼料の粘度は、加熱前の粘度よりも低い。
  4. 調製された発酵リキッド飼料は、α-アミラーゼの添加濃度依存的にpHが低くなり、乳酸含量が高まり、発酵品質が改善される(図2)。
  5. α-アミラーゼを10U/gの濃度で添加して実用規模(1トン)で調製を行うと、小規模での調製と同様に粘度が低く、乳酸発酵主体の良質な発酵リキッド飼料が調製でき(表1)、パイプラインによる給餌が可能である。
成果の活用面・留意点
  1. 食品残さ等からリキッド飼料を製造している飼料工場で本情報は活用される。
  2. 粘性を抑制することで乾物率の高いリキッド飼料を調製でき、加熱処理や運搬に要する燃料の削減など、生産コストの低減につながる。
  3. 発酵リキッド飼料はpHが下がりすぎると嗜好性に影響することが懸念されるので、給与時にpHの高いものと混合して給与するなどの工夫も必要となる。
  4. 本試験で用いたα-アミラーゼはAspergillus oryzaeより精製された飼料添加用のもので、至適温度は55℃である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017608
カテゴリ コスト 輸送

この記事は