泌乳牛のカリウム要求量推定式

タイトル 泌乳牛のカリウム要求量推定式
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 畜産草地研究所
研究課題名
研究期間 2002~2004
研究担当者 大谷文博
甘利雅拡
栗原光規
田鎖直澄
樋口浩二
野中最子
鈴木知之
発行年度 2005
要約  泌乳牛の乳量、体重、乾物摂取量の条件に応じて精密にカリウム要求量を算出できる推定式を作成した。
キーワード カリウム、要求量、推定式、乳用牛、畜産環境、家畜生理・栄養
背景・ねらい  我が国の酪農現場では、圃場への過剰な堆肥投入に起因して発生した乳牛-堆肥-土壌-飼料とつながる高カリウム化の悪循環によって、泌乳牛の疾病や生産性の低下などの問題が顕在化している。この悪循環を改善するには、泌乳牛へのカリウム給与水準を生産性を損なわない範囲で必要最低限に低減した栄養管理が必要であり、そのためには泌乳牛が必要とするカリウム量を正確に把握できることが不可欠である。そこで泌乳牛を用いて実施した多くの出納試験および消化試験データを基に、泌乳牛が維持と産乳に必要とするカリウム量および摂取カリウムの吸収効率を明らかにし、泌乳牛のカリウム要求量を精密に算出できる推定式を作成する。
成果の内容・特徴 1.
泌乳牛を用いた28例の出納試験で得られた乳量と乳中カリウム移行量との関係(図1)から、産乳に要するカリウム量は乳生産量(kg/日)当たり1.68gである。
2.
常温環境下に実施した泌乳牛24例のカリウム出納試験でカリウム出納が負ではないことが確認され、かつ、それらの試験を含む113例の観察中で最少の尿中カリウム排泄量を示した観察事例(図2の○印)から、泌乳牛の維持に要する尿中カリウム排泄量は体重当たり0.112g/日である。
3.
泌乳牛を用いた89例の消化試験で得られたカリウム摂取量と見かけのカリウム吸収量の関係(図3)から、維持に要する糞中カリウム排泄量(吸収量0時点の摂取量)は乾物摂取量(DMI・kg/日)当たり3.57g、真のカリウム吸収効率(回帰係数)は95.7%である。
4.
以上の結果から、泌乳牛のカリウム要求量は次式で示される。
 カリウム要求量(g/日)=(0.112×体重(kg)+1.68×乳量(kg/日))/0.957
+3.57×DMI(kg/日)
成果の活用面・留意点 1.
酪農現場でカリウム給与量に配慮した飼料設計を行う際や、指導的機関が栄養管理によるカリウム低減化を普及する際に活用する。
2.
本推定式は常温環境下に飼養する泌乳牛に適用する。
3.
体重500∼600kgの初産牛の場合、日増体量0.3kg当たり6gを追加する。
4.
DMIの推定が必要な場合には、以下の日本飼養標準の算出式から求める。
 DMI(kg/日)=2.98120+0.00905×体重(kg)+0.41055×4%脂肪補正乳量(kg/日)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017555
カテゴリ 飼料設計 乳牛

この記事は