細断型ロールベーラ

タイトル 細断型ロールベーラ
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 志藤博克
高橋仁康
澁谷幸憲
山名伸樹
㈱タカキタ
スター農機㈱
発行年度 2003
要約 1cm前後に細断された青刈りトウモロコシ等を直径約85cm、幅約90cmのロールベールに成形できるロールベーラである。フォレージハーベスタを装着したトラクタにけん引するワンマン作業、定置作業、伴走作業に対応可能である。
キーワード ロールベーラ、ロールベール、細断、青刈りトウモロコシ、ラップサイロ
背景・ねらい  青刈りトウモロコシは高栄養価・多収量で飼料価値が高いが、その収穫調製作業は、能率良く行うには5~6名程度が必要であり、炎天下で行われることも多いサイロ詰め等には人力作業が欠かせず、重労働が強いられている。また、都府県における人手不足は深刻で組作業が成立しにくい状況にあり、このため、作付面積は減少の一途をたどっている。そこで、高品質で省力的な収穫調製作業の実現をねらいとして、同時開発の対応ベールラッパとの組み合わせにより作業者2名で細断・収穫から密封調製までを能率的に行える細断型ロールベーラの開発を目的とする。
成果の内容・特徴 1.
本ベーラはけん引式作業機であり、主要部は、細断されたトウモロコシ等を荷受けするホッパ、幅広タイトバーを用いてこぼれを防いだ定径式の成形室、ネット結束装置から構成される(表1、図1)。
2.
ワンマン収穫(図1)は1名で収穫とベール成形が行え、定置作業(図2)は、ボンネットワゴン等からの荷受に対応可能であり、伴走作業(図3)では、22kW(30PS)程度の低馬力トラクタでも作業が可能である。また、本ベーラはネット結束・ベール放出中も連続して作業を行うことができる。
3.
73kW(99PS)四輪駆動トラクタと2条刈りハーベスタを用いたワンマン作業で青刈りトウモロコシ(平均含水率72%)を収穫した場合、作業能率は、約30a/hとなる。また、成形されたロールベールの平均質量は333kg、放出時に生じたロスは平均1.3%と少なく、平均乾物密度は188kg/m3と高密度である。なお、ピックアップ装置を装着したハーベスタを用いることにより、予乾牧草にも対応可能である。
4.
対応ベールラッパとの組作業により、青刈りトウモロコシをはじめとする飼料作物の収穫から密封調製までの作業が作業者2名で省力的に行うことが可能となる。密封調製されたサイレージの品質はばらつきが少なく良好であり、長期の貯蔵でもV-scoreが90以上と長期保存性に優れ(表2)、貯蔵中の損失がほとんど見られない。
成果の活用面・留意点 1.
本ベーラは平成16年4月に、対応ベールラッパは同6月に市販予定である。
2.
ワンマン作業で1条刈りハーベスタを用いる時は44kW(60PS)以上、2条刈りハーベスタを用いる時は59kW(80PS)以上、定置作業並びに伴走作業を行う時は22kW(30PS)以上のトラクタを使用するのが望ましい。また、ワンマン収穫を行うには、ミッションケースの後方にもPTO軸を有するハーベスタが必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017377
カテゴリ 飼料作物 とうもろこし

この記事は