新たに見出された芝草3草種の病害

タイトル 新たに見出された芝草3草種の病害
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 畜産草地研究所
研究課題名
研究期間 1999~2003
研究担当者 大久保博人
菅原幸哉
御子柴義郎
一谷多喜郎((財)関西グリーン研究所)
発行年度 2003
要約 わが国で新たにシバに炭疽病、ベントグラスに黒点葉枯病、センチピードグラスに灰斑病の発生を確認し、前2者の病原をそれぞれColletotrichum caudatum、Gloeocercospora sorghiと同定した。
キーワード 作物病害、緑化植物、芝草類、新病害、同定、発生病害
背景・ねらい Zoysia 属等の芝草類は放牧用草地の他、侵食防止や緑化など近年益々多目的に用いられる傾向にあり、管理や草種が多岐にわたるにつれて、従来とは異なる新たな病害の発生も危惧されている。これらの病害の発生やその生態については、他の作物と比較して詳細な検討が十分になされていないので、適切な診断と制御に資するため調査研究を実施した。
成果の内容・特徴 1.
シバ(Zoysia japonica Steud.)の新病害
病名:炭疽病(仮称)、病原菌:Colletotrichum caudatum (Peck ex
Sacc.) Peck
1999年7月栃木県内の生産力検定圃場で発生。葉身に中央部灰色、周縁部褐色となる紡錘形の病斑を生じ、葉身先端部が侵され易い。古い病斑上に多数の黒点(分生子層)を生じる(図1)。病斑上の分生子層には、剛毛が多数形成され、診断の目安となる。本菌は有傷接種でのみ発病が再現される。
2.
ベントグラス(Agrostis stolonifera L.)の新病害
病名:黒点葉枯病(仮称)、病原菌:Gloeocercospora sorghi Bain & Edgerton ex Deighton
2000年6~10月に栃木県内の緑化圃場で発生。8月は病勢が治まる。症状は圃場全面に無数の褐色~銅色の小型円形枯死域を生じる。葉身上には微小な球状の粘塊(分生子塊)を生じ、枯死部には球状の微小な菌核が表皮下に形成される(図2)。本菌は、接種でソルガムにも病原性を示す。
3.
センチピードグラス(Eremochloa ophiuroides (Munro) Hack.)の新病害
病名:灰斑病(仮称)、病原菌:2核性真菌の一種
2002年6~10月に栃木県内の病害試験圃場で発生。病勢の進展に伴い円形の枯死域が形成され、
裸地化する(図3)。葉身に中央部灰色、周縁部が明瞭な淡褐色となる楕円形の大型病斑を生じる
(図4)。
本菌は、胞子などの子実体を形成しないが、無傷接種でも発病が再現される。イソプロチオラン・フルトラニル剤に感受性である。
成果の活用面・留意点 1.
牧草や芝草に関わる諸機関で病害の診断に有効な情報となる。
2.
新病害の病名は仮称であり、日本植物病名目録(日本植物病理学会編)に登録されて正式な病名として扱われる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017360
カテゴリ ソルガム 炭疽病

この記事は