麦茶残渣サイレージの調製貯蔵法

タイトル 麦茶残渣サイレージの調製貯蔵法
担当機関 畜草研
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者 佐藤崇紀((株)伊藤園)
増田信義((株)伊藤園)
藤田泰仁
蔡 義民
発行年度 2001
要約 食品産業廃棄物である麦茶残渣を有効に利用するため、飼料作物から分離された優良乳酸菌とセルラーゼを添加して、麦茶残渣サイレージの調製貯蔵技術を開発する。調製されるサイレージは長期に貯蔵でき、その発酵品質は高い。
キーワード 麦茶残渣、サイレージ、乳酸菌、資源利用
背景・ねらい 飲料生産工場から排出された麦茶残渣は腐りやすく、長期貯蔵法が開発されていないため、現状においては産業廃棄物として処理せざるをえない。麦茶残渣の飼料調製・貯蔵技術を開発することは、低・未利用飼料資源の有効利用だけでなく、環境保全や資源循環型畜産を進めるためにも極めて有用な技術であると考えられる。
本研究は、飼料作物から分離された優良乳酸菌を活用した麦茶残渣サイレージの調製・貯蔵技術を開発し、飼料自給率の向上や環境負荷の低減をめざすものである。
成果の内容・特徴 1.
飲料生産工場から排出された麦茶残渣は腐りやすく、長期貯蔵法が開発されていないため、現状においては産業廃棄物として処理せざるをえない。麦茶残渣の飼料調製・貯蔵技術を開発することは、低・未利用飼料資源の有効利用だけでなく、環境保全や資源循環型畜産を進めるためにも極めて有用な技術であると考えられる。
本研究は、飼料作物から分離された優良乳酸菌を活用した麦茶残渣サイレージの調製・貯蔵技術を開発し、飼料自給率の向上や環境負荷の低減をめざすものである。
2.
麦茶残渣から、サイレージ発酵に関与する乳酸菌Lactobacillus, Pediococcus, Enterococcus, Leuconostoc LactococcusおよびWeissella属の菌種は検出されなかったが、好気性細菌、糸状菌および酵母は高い菌数レベルで分布している(表1)。
3.
乳酸菌とセルラーゼを併用添加したサイレージでは無添加サイレージに比べてpH値が低く、乳酸含量が高く、その発酵品質が優れている(表2)。また、添加サイレージの細胞壁構成物質が減少する(表3)。これら麦茶残渣サイレージは長期貯蔵でも、腐敗せず、その発酵品質が安定に保持される。
成果の活用面・留意点 1.
麦茶残渣サイレージの調製・貯蔵技術の開発に参考となる。
2.
飲料工場から排出される麦茶残渣は腐敗しやすいため、速やかにサイレージ調製することに留意する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017176
カテゴリ 飼料作物 長期保存・貯蔵 保存・貯蔵 麦茶

この記事は