製パン適性をもつ温暖地向け硬質小麦新品種「ユメシホウ」

タイトル 製パン適性をもつ温暖地向け硬質小麦新品種「ユメシホウ」
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所
研究課題名
研究期間 1997~2007
研究担当者 乙部千雅子
関昌子
松中仁
藤田雅也
吉岡藤治
柳沢貴司
吉田久
田引正
谷尾昌彦
伊藤美環子
西尾善太
発行年度 2007
要約 小麦「ユメシホウ」は温暖地の平坦地に適したパン用硬質小麦品種である。高分子量グルテニンサブユニット5+10をもち、製パン適性がある。
キーワード コムギ、硬質、パン用
背景・ねらい 関東地域で生産される小麦のほとんどは軟質のめん用であり、パン用には不向きである。しかしながら地元産小麦を使ったパンに対する消費者の要望は多い。特に茨城県つくば市は「パンの街つくば」プロジェクトにおいて、「地産地消のおいしいパン作り」の活動を産学官連携で進めており、地元に適したパン用小麦品種を強く求めている。そこで製パン適性をもち温暖地に適した硬質小麦品種を育成する。
成果の内容・特徴 小麦「ユメシホウ」は1997年度に、温暖地向けパン用品種を育種目標として、白粒で硬質の「関系W421」(後のタマイズミ)を母、赤粒で硬質且つ高分子量グルテニンサブユニット5+10をもつ「谷系RA4965」を父として人工交配を行い、以後、半数体育種法により選抜・固定を図ってきたものである。2006年度における世代は倍加半数体世代第8代(DH8)である。

「農林61号」と比較して次のような特徴がある。(表1)
  1. 播性程度はⅠ~Ⅱで、出穂期、成熟期が共に3日程度早い。
  2. 褐ぷで稈長は短く、穂長はやや短く、穂数は少ない。耐倒伏性はやや優れる。
  3. 収量性は同程度かやや高く、容積重は同程度かやや大きく、千粒重は同程度かやや小さい。
  4. 穂発芽耐性は劣り、赤さび病、縞萎縮病にはやや強く、赤かび病、うどんこ病には弱い。
  5. 硬質で製粉歩留が高く、60%粉の色はやや劣る。
  6. ファリノグラムの吸水率は高く、バロリメーターバリュウはやや高い。
  7. 高分子量グルテニンサブユニット5+10をもち、製パン適性がある。パンの官能評価の合計点は「ニシノカオリ」(61.1点)より高い。
成果の活用面・留意点
  1. 温暖地の平坦地に適するパン用小麦である。
  2. 茨城県つくば市等で地産地消のパン作りのための需要があり、普及が見込まれる。
  3. パン用であるので、蛋白質含量が低くならないように肥培管理に努める。
  4. 穂発芽性は“中”であるので、適期収穫に努める。
  5. うどんこ病抵抗性および赤かび病抵抗性は“弱”であるので、防除を徹底する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017122
カテゴリ 育種 萎縮病 うどんこ病 硬質小麦品種 小麦 新品種 抵抗性 肥培管理 品種 防除

この記事は