高品質畳表加工に適するイグサ新品種「ひのはるか」

タイトル 高品質畳表加工に適するイグサ新品種「ひのはるか」
担当機関 熊本県農業研究センター
研究課題名
研究期間 1993~2005
研究担当者 深浦壯一
渕上国弘
飯牟禮和彦
中澤芳則
手塚隆久
発行年度 2005
要約 イグサ「ひのはるか」は部分変色茎が極めて少なく、「岡山3号」に比べ畳表の品位が優れる。収量は「ひのみどり」より多い。7月中旬以降の収穫では適度な硬度となり、上質な畳表原料用品種として適している。
キーワード イグサ、品種、畳表、部分変色茎
背景・ねらい 中国等からの安価な外国産イグサ及びい製品の輸入により国内のイグサ生産地は大きな影響を受けている。このような中で品質的に評価の高い「ひのみどり」の作付けが増加しているがその収穫適期は7月上旬に限られ、7月中旬以降収穫の栽培では依然として「岡山3号」等が用いられている。そこで「ひのみどり」と組合せ可能な良質品種を開発し、国内のイグサ生産の振興を図る。
成果の内容・特徴
  1. イグサ「ひのはるか」は「熊本3号」を母とし、「広系21002」を父とした交配組合せから育成された品種である。
  2. 茎長が「岡山3号」及び「ひのみどり」より長いため畳表の端部の品位が優れる(表1)。
  3. 上級畳表規格の原料である茎長120cm以上の乾茎重は「岡山3号」と同程度で、「ひのみどり」より多い(表1)。
  4. 部分変色茎は「岡山3号」より少なく、「ひのみどり」と同程度で極少ない(表1、図1)。
  5. イグサ茎300本当たりの製織長は「岡山3号」より短く「ひのみどり」より長いため、「岡山3号」より単位畳表当たりの製織時間が長く不利であるが「ひのみどり」よりは時間が短く有利である(表1)。
  6. 製織した畳表の品位は「岡山3号」より優れ、「ひのみどり」と同程度に良い(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 九州地域のイグサ生産地域に適する。熊本県の7月中旬以降収穫の「岡山3号」等に替えて約200haの普及を予定している。
  2. 6月下旬収穫(早刈)の栽培では硬度が不足するので避ける(図2)。
  3. 多肥栽培等の茎の硬度が低下しやすい栽培管理を避ける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017063
カテゴリ いぐさ 加工 栽培技術 新品種 品種

この記事は