メロンF1種子純度検定および品種識別に利用可能なSSRマーカー

タイトル メロンF1種子純度検定および品種識別に利用可能なSSRマーカー
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 2002~2004
研究担当者 小倉健生(協和種苗)
松元 哲
吹野伸子
國久美由紀
発行年度 2004
要約 開発したメロン単純反復配列(SSR、マイクロサテライト)マーカーは多型性に富み、F1種子純度検定や品種識別に利用できる。
キーワード メロン、単純反復配列、SSR、マイクロサテライト、多型、F1種子純度検定、品種識別
背景・ねらい メロンは種子および生産物の価格が高いため、F1種子純度検定および品種識別に利用可能なDNAマーカーの開発が望まれている。しかし用いる品種・系統の組み合わせによっては遺伝変異が小さく、DNA多型の検出が困難である。そこで多型性に優れるSSRマーカーを開発し、F1種子純度検定および品種識別への利用を図る。
成果の内容・特徴 1.
メロン品種「春系3号」のゲノムDNAをもとに4種類の反復配列に関して作成したライブラリーからSTS化したSSRの数は約200個である。
2.
開発したSSRマーカーは多型性に富み、変種・品種間多型を容易に検出できる(図1)。
3.
市販F1品種の交配親として用いられている系統についてもこれらSSRマーカーを用いることにより識別可能である(表1)。
4.
開発したSSRマーカーの一部(21-25など)は、「愛知3号」(愛知農総試育成)と「久留米MP-4」(野菜茶研育成)との交雑F1である「アールス輝」(野菜茶研・愛知農総試共同育成)の純度検定に利用できる(図2)。
成果の活用面・留意点 1.
開発したマーカーの中にはキュウリのDNA多型を検出できるものがあり、それらはキュウリF1品種の純度検定に利用できる可能性がある。
2.
多型バンドのサイズ差が大きい場合にはアガロースゲルでの検出が可能である。差が小さい場合にはシーケンサーもしくはアクリルアミドゲルで検出する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017055
カテゴリ きゅうり DNAマーカー 品種 メロン

この記事は