稲発酵粗資料向き極晩生水稲新品種候補「リーフスター」

タイトル 稲発酵粗資料向き極晩生水稲新品種候補「リーフスター」
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 作物研究所
研究課題名
研究期間 1991~2004
研究担当者 加藤 浩
安東郁男
平林秀介
出田 収
竹内善信
平山正賢
太田久稔
佐藤宏之
井邊時雄
根本 博
堀末 登
高舘正男
坂井 真
田村和彦
青木法明
大川泰一郎
石原 邦
中川宣興
石井卓朗
飯田修一
前田英郎
発行年度 2004
要約 「リーフスター(関東飼215号)」は温暖地では極晩生に属する水稲粳種で、長稈で茎葉多収型の稲発酵粗飼料向き系統である。玄米収量は劣るが、地上部全重が多収で、未消化籾の排泄量が少なく、いもち病圃場抵抗性が強い。
キーワード イネ、水稲、飼料イネ、稲発酵粗飼料、茎葉多収、未消化籾
背景・ねらい 食糧自給率の向上を目的とした国内での飼料自給率の向上、および米の生産調整の円滑化、さらに、貯水力等の水田の機能維持を一挙に図る目的で、稲を発酵粗飼料として利用する飼料イネの生産が進められている。多収で耐病性の強い飼料イネが求められている。また、稲発酵粗飼料の給与では未消化籾が40%に達する場合があり、問題視されている。そこで、いもち病に強く、籾収量によらずに茎葉重により可消化養分総量(Total digestible nutrients, TDN)が高くなる品種を育成する。
成果の内容・特徴 1.
「関東飼215号」は、インド型で耐倒伏性極強の多収系統である「中国117号」と「コシヒカリ」の交配後代から育成された系統である。
2.
育成地における早植え栽培での出穂期は、「クサホナミ」より遅く、「はまさり」並の極晩生である。成熟期は「はまさり」より8日遅い。
3.
稈長は1mを超える極長稈で、穂長は「はまさり」より長い。穂数は少なく、着粒密度は“中”で、草型は“茎葉型”である。
4.
芒の多少は“中”で、中程度の長さの芒を有する。ふ先色は“褐”、脱粒性は“難”である。葉身ならびに籾には毛茸がなく無毛性であり、収穫時の粉塵が少ない。
5.
子実の収量性は「はまさり」より劣るが、地上部全重は「はまさり」、「クサホナミ」より多収である。地上部のTDN収量は「はまさり」、「クサホナミ」より高い。未消化籾の排泄量は「クサホナミ」の半分以下である。玄米の外観品質は「はまさり」並である。
6.
いもち病真性抵抗性遺伝子はPia, Pik を保有すると推定される。葉いもち圃場抵抗性は“極強”であり、穂いもち抵抗性は“中”である。また白葉枯病抵抗性は「日本晴」よりやや劣る“中”である。縞葉枯病には“罹病性”で、穂発芽性は“中”である。
7.
長稈ではあるものの稈が太く粗剛であり籾重が低いため、耐倒伏性は“強”である。湛水直播栽培では発芽苗立性は良いが、長稈かつ強稈であるため転び型倒伏が生じる場合がある。
成果の活用面・留意点 1.
「はまさり」「クサホナミ」より地上部全重が多収で、現地等で問題とされている未消化籾の排泄量が少なく、温暖地・暖地に適する。湛水直播栽培の多肥条件では倒伏することもあり、極端な多肥は避ける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010017040
カテゴリ いもち病 縞葉枯病 新品種 直播栽培 水田 水稲 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種

この記事は