早生で、製粉、製めん性に優れる小麦新品種「春のかがやき」

タイトル 早生で、製粉、製めん性に優れる小麦新品種「春のかがやき」
担当機関 群馬農技セ
研究課題名
研究期間 1988~2003
研究担当者 広岡政義
高橋利和
成塚彰久
折茂佐重樹
大沢実
発行年度 2004
要約 「春のかがやき」は、早生、短稈、多収である。製粉性に優れて、めんの色調は黄色みがあり、やや低アミロースで粘弾性にも優れている。埼玉県で奨励品種に採用し、群馬県でも奨励品種に採用予定で有る。
キーワード 小麦、早生、新品種
背景・ねらい
関東東海地域は、「農林61号」が数十年にわたり主要品種として作付けされいる。作期分散を図るため早生品種が導入されたが、栽培性は良いが加工適性に劣っていたため作付けを中止した。そこで、早生で製粉性、製めん性に優れた小麦の育成を図った。
成果の内容・特徴 小麦「春のかがやき」は、早生、多収、加工適性の向上を育種目標として、1988年度に早生系統の母親:西海168号(後:きぬいろは)に早生、多収系統の父親:関東100号(後:バンドウワセ)を人工交配した。1989年度F1栽培をし、1990~91年度に世代促進を行った。1992年度に雑種第6代で穂選抜を行い、1993年度からは派生系統育種法により選抜固定を行った。1995年度から江系W230の系統名を付し生産力及び特性検定試験などの調査を行った。1998年度以降は「群馬W10号」の系統名で各県奨励品種決定調査に配付し地域適応性を検討した。その特性を確認して1999年産の雑種第13代で育成を終了し低温貯蔵に移した。2001年度に固定度調査のため系統栽培を行った。その世代は、雑種第14代である。
「農林61号」と比較して次の特徴がある(表1)。
  1. 出穂期は5日程度早い。
  2. 成熟期は4日程度早い。
  3. 稈長は短く、穂数はやや多く、穂長は同程度である。
  4. 穂発芽性は同程度、耐倒伏性に優れている。
  5. 赤かび病抵抗性はやや弱、赤さび病抵抗性はやや強、縞萎縮病抵抗性は強である。
  6. 収量性は高く、リットル重は同程度、千粒重はやや小、品質は同程度である。
  7. 製粉歩留、ミリングスコアは高く製粉性は良い。
  8. 粗蛋白質含量は同程度、灰分含量はやや低い。
  9. アミロース含量はやや低い、やや低アミロースである。
  10. めん官能評価では、色、粘弾性、滑らかさに優れる。
成果の活用面・留意点
  1. 適期播種や適正播種量に努める。
  2. 病害虫防除では、赤かび病の発生に留意する。
  3. 普及に当たっては、品質評価など実需者と協議しながら推進する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010016991
カテゴリ 育種 萎縮病 加工適性 小麦 新品種 抵抗性 播種 品種 病害虫防除

この記事は