早生、安定多収・良食味の陸稲新品種「ひたちはたもち」

タイトル 早生、安定多収・良食味の陸稲新品種「ひたちはたもち」
担当機関 茨城県農業総合センター 生物工学研究所
研究課題名
研究期間 1993~2004
研究担当者 石井卓朗
岡本和之
眞部 巌
岡野克紀
平澤秀雄
平山正賢
宮本 勝
根本 博
発行年度 2004
要約 陸稲「ひたちはたもち」は温暖地東部では早生の早に属する糯系統である。耐干性・耐冷性に優れ、安定して多収性を示す。餅食味は滑らかさに優れ、良食味である。茨城県で奨励品種に採用される。
キーワード リクトウ、ひたちはたもち、糯、早生、安定多収、良食味、茨城県
背景・ねらい 陸稲栽培では、後作として野菜が作付される場合が多く、また、干ばつを避けるためにも早生品種が望まれる。しかし、現在奨励普及されている極早生、早生品種の「トヨハタモチ」「キヨハタモチ」は収量性が低く、餅食味も不十分である。このため、早生の安定多収・良食味品種の育成が要望されている。
成果の内容・特徴
  1. 「ひたちはたもち」は、早生・良食味品種の育成を目的として1993年に「関東糯166号」を母、「関東糯166号」/「関東糯168号(ゆめのはたもち)」のF1を父として交配を行い、その後代より育成した糯系統である。
  2. 出穂期は「トヨハタモチ」より1日遅く「キヨハタモチ」よりも4日早い。成熟期は「トヨハタモチ」よりも6日遅く「キヨハタモチ」よりも5日早い。温暖地東部では“早生の早”に属する。草型は“やや短稈・中間型”である(表1)。
  3. 収量性は毎年次安定して「キヨハタモチ」よりも約20%、「トヨハタモチ」よりも約30%多収である(表1)。
  4. 耐干性は「トヨハタモチ」よりもやや強く、「キヨハタモチ」並の“強”である。耐冷性は「トヨハタモチ」「キヨハタモチ」よりも強く“やや強”である(表1)。
  5. 餅食味は滑らかさに優れ、総合評価では「トヨハタモチ」、「キヨハタモチ」に優り、“上中”である(表1)。
  6. いもち病真性抵抗性遺伝子型は“+”と推定される。圃場抵抗性は葉イモチが「キヨハタモチ」「トヨハタモチ」並の“極強”である。やや強く餅食味は滑らかさに優れ、総合評価では「トヨハタモチ」、「キヨハタモチ」に優り、“上中”である(表1)。
  7. 耐倒伏性および穂発芽性はそれぞれ「キヨハタモチ」、「トヨハタモチ」並の“強”および“難”である(表1)。
  8. 千粒重は「キヨハタモチ」よりも約3kg大きく、玄米品質は、「キヨハタモチ」、「トヨハタモチ」よりも優れる(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 茨城県で奨励品種に採用され、早生品種「キヨハタモチ」に替えて普及が見込まれる。普及見込み面積は約400haである。
  2. 穂発芽性は“難”であるが、刈り遅れに注意し適期収穫に努める。
  3. 耐干性は“強”であるが、過度の干ばつ時には適宜かん水を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010016980
カテゴリ いもち病 新品種 多収性 多収良食味 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種 陸稲 良食味

この記事は