直播適性を備えた暖地向き水稲新品種「ふくいずみ」

タイトル 直播適性を備えた暖地向き水稲新品種「ふくいずみ」
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 1992~2003
研究担当者 岡本正弘
梶 亮太
田村克徳
富松高治
溝淵律子
平林秀介
深浦壮一
八木忠之
西村 実
山下 浩
発行年度 2003
要約 「ふくいずみ」は、直播適性を備えた早生の晩の熟期の粳種である。強稈で耐倒伏性が優れ、苗立ち特性も良好である。いもち病、白葉枯病に対して中程度以上の抵抗性を備え、直播での収量が高く、食味、外観品質も「ヒノヒカリ」並に良好である。
キーワード イネ、直播、いもち病、早生
背景・ねらい 打込み式代かき同時土中点播直播は耐倒伏性に優れる栽培技術であるが、より安定した直播栽培を実現するためには品種面での耐倒伏性の強化が必要である。また、暖地における直播栽培の省力、省コスト化を図るためには、主要病害であるいもち病、白葉枯病等に対する抵抗性を備えていることが望ましい。そこで、病害抵抗性を備えた直播向き品種を育成して、暖地における直播栽培の普及を促進する。
成果の内容・特徴
  1. 「ふくいずみ」は1992年に九州農業試験場において、極良食味、強稈、安定多収品種の育成を目標に強稈、良食味、中生の早の「西海199号」を母とし、強稈、極良食味、多収の「北陸148号」(後の「どんとこい」)を父として人工交配を行った組合せから育成された粳品種である(表1)。
  2. 「日本晴」に比べ、出穂期、成熟期ともに2~4日程度遅く、九州北部の普通期では“早生の晩”の熟期である(表1)。
  3. 苗立ち率は「日本晴」と同程度である。酸素発生剤被覆籾を用いた苗立ち試験では、最終的な苗立ち率は「ヒノヒカリ」と同程度であるが、出芽速度は「ヒノヒカリ」よりも早い(表1)。
  4. 稈長は「日本晴」よりやや短く、草型は“中間型”である。耐倒伏性は“強”で、直播、移植いずれにおいても「日本晴」「ヒノヒカリ」より明らかに強い(表1)。
  5. いもち病真性抵抗性遺伝子“Pii”を持つと推定される。葉いもち圃場抵抗性は“中”、穂いもち圃場抵抗性は“やや強”である。白葉枯病抵抗性は“中”である(表1)。
  6. 直播での収量は普通期栽培では「日本晴」「ヒノヒカリ」を上回る。晩播栽培においても「ヒノヒカリ」よりも多収である。移植での収量は「日本晴」並である(表1)。
  7. 外観品質は直播、移植いずれにおいても「日本晴」「ヒノヒカリ」並かやや優れ良質である(表1)。
  8. 食味は直播、移植いずれにおいても「ヒノヒカリ」並に良い。晩播では食味が低下するが、低下の程度は「ヒノヒカリ」並である(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 直播適性を備えた良質、良食味品種として温暖地の平坦地および暖地全域に適する。
  2. 縞葉枯病には罹病性であるため、常発地帯での栽培は避ける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010016946
カテゴリ いもち病 コスト 栽培技術 縞葉枯病 新品種 直播栽培 水稲 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種 病害抵抗性 良食味

この記事は