超音波噴霧器を用いた無窓鶏舎内粉塵制御

タイトル 超音波噴霧器を用いた無窓鶏舎内粉塵制御
担当機関 畜産試験場
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 池口厚男
長谷川三喜
本田善文
発行年度 1999
要約 フィルタ'等による通常の空気清浄法と比較し、維持管理、設置が容易な超音波噴霧器で重量比2%の植物性油の水溶液を噴霧することで、無窓鶏舎内の粉塵濃度を40~75%低減できる。
背景・ねらい 鶏舎内で発生する臭気や細菌等が付着した粉塵は、鶏、作業者の呼吸器系等の疾病の原因とされ、これが換気等で舎外へ拡散することにより、悪臭等の環境問題をも生じさせている。畜舎内の粉塵制御が可能になれば舎内環境は改善され、鶏・作業者だけではなく畜舎周囲環境にも汚染物質の拡散が抑制される。そこで、超音波噴霧器を用いた粉塵トラップ技術の開発をする。
成果の内容・特徴 1.
図1のように採卵鶏舎では自動給餌機を移動媒体とすることで、噴霧システムを構築することも可能である。
2.
図2)。
3.
図3)。
成果の活用面・留意点 1.
鶏舎だけではなく、豚舎に対しても活用できる。
2.
噴霧粒径を変えることができるので、疾病予防のための薬剤散布にも使用可能である。
3.
散布方法は、畜舎の換気構造や飼養管理によって変える必要がある。
4.
油を使用するため、その経費がかかる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010016523
カテゴリ 飼育技術 薬剤

この記事は