梅山豚とゲッチンゲンミニ豚の交雑家系を用いた連鎖地図(ToNMap)の作製

タイトル 梅山豚とゲッチンゲンミニ豚の交雑家系を用いた連鎖地図(ToNMap)の作製
担当機関 畜産試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 梅山豚とゲッチンゲンミニ豚との交雑家系を用いてDNAマーカーの連鎖地図を作製した。マーカー数は243個、全長2562cM、平均間隔11cMである。
背景・ねらい 豚の肉質、繁殖性、抗病性などを左右する遺伝子は、ほとんど特定されておらず、現在の育種改良は表現型(測定値)を対象とした長い年月にわたる選抜によっておこなわれている。連鎖地図を用いてこれらの遺伝子の染色体上の位置を特定できれば、その近傍のDNAマーカーを用いて育種改良を格段にスピードアップできる。そこで我々は梅山豚とゲッチンゲンミニ豚との交雑家系を用いてDNAマーカーの連鎖地図を作製した。
成果の内容・特徴
  1. ゲノム全体に合計243個のDNAマーカー(237個のマイクロサテライトマーカー、5個のPRE-1マーカー、1個のRFLPマーカー)を配置することができた。このうち
    26個が日本で開発したDNAマーカーである。
  2. (連鎖地図)の全長は2562cM、マーカーの平均間隔は11cMであった。
  3. すでに報告されている連鎖地図がカバーしているゲノムの領域を5つの染色体でさらに拡大することができた。
成果の活用面・留意点
    連鎖地図は家畜の生産性、肉質、繁殖性、抗病性など複雑な形質を解析するための基礎となるものである。今回作製したDNAマーカーの(連鎖地図)はブタのゲノムのほぼ全領域を11cMの平均マーカー間隔でカーバーしており、経済形質とこれらDNAマーカーとを連鎖解析することにより、経済形質を支配する遺伝子座 (ETL; Economic Trait Locus)のゲノム上のおよそ位置を決定することができる。ETL解析の結果に基づいて、遺伝子の位置をさらに詳細に解析することにより、遺伝子の単離、遺伝子の近傍のDNAマーカーを用いた選抜育種法の開発が期待される。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010016476
カテゴリ ICT 育種 DNAマーカー 繁殖性改善

この記事は