豚レンサ球菌-大腸菌シャトルベクターの作製

タイトル 豚レンサ球菌-大腸菌シャトルベクターの作製
担当機関 (現
研究課題名
研究期間 2000~2002
研究担当者
発行年度 2000
要約  豚レンサ球菌への遺伝子導入のためのシャトルベクターを作製した。また,豚レンサ球菌recA欠損株にrecA遺伝子を再導入することによって作製したシャトルベクターが有用な遺伝子解析ツールであることが実証された。
要約(英語)  A native plasmid of Streptococcus suis DAT1, pSSU1, was used to construct pDAT series shuttle vectors. In addition to the replication function of pSSU1, these vectors contain the multiple cloning sites and lacZ' gene from pUC19, which means that X-gal screening can be used to select recombinants in Escherichia coli. pDAT1, pDAT2, and pDAT3 carry cat, spc, and both genes as selectable markers, respectively. These vectors can be introduced into S. suis, E. coli, Salmonella typhimurium, Streptococcus pneumoniae, and Streptococcus equi subsp. equi by electroporation. The recA gene was cloned from S. suis and sequenced. Then, an S. suis recA mutant strain was constructed via homologous recombination. Furthermore, cloning of a functional S. suis recA gene into pDAT2 and complementation analysis of the recA mutant were successful in S. suis, but not in E. coli. These results show that pDAT vectors are useful tools for cloning and analyzing S. suis genes in S. suis strains directly. (Molecular Bacteriology Section, Department of Infectious Diseases, TEL +81-298-38-7743)
References:
 1. Takamatsu, D. et al.: Sequence analysis of a small cryptic plasmid isolated from Streptococcus suis serotype 2. Curr. Microbiol., 40 : 61-66 (2000)
 2. Takamatsu, D. et al.: Construction and characterization of Streptococcus suis-Escherichia coli shuttle cloning vectors. Plasmid., 45 : 101-113 (2001)
背景・ねらい
 豚のレンサ球菌症の原因菌Streptococcus suisの病原因子については不明な点が多く,特にクローニングベクター等の解析手段の整備が十分でないため,その遺伝学的な解析が遅れている。そこで本菌の分子遺伝学的解析ツールの開発を目的として豚レンサ球菌への遺伝子導入のためのシャトルベクターを作製し,その特性を解析した。
成果の内容・特徴

  1. S.suisDAT1株が保有する小型プラスミドpSSU1の複製に必要な領域に抗生物質耐性マーカー及びマルチクローニングサイトを含むlacZ'遺伝子を付加し,大腸菌でカラーセレクションが可能なpSET1,pSET2及びpSET3の3種のシャトルベクターを作製した。(図1)。また,これらのシャトルベクターは豚レンサ球菌,大腸菌だけでなくネズミチフス菌,肺炎球菌及び腺疫菌へも効率よく導入することが出来た。
  2. 豚レンサ球菌のrecA遺伝子の全塩基配列を決定し,その情報を利用して相同組換えにより遺伝子解析用の宿主として有用な豚レンサ球菌recA欠損株を作製した(図2)。
  3. 大腸菌ではクローニング出来なかったrecA遺伝子全長をpSET2を使用して豚レンサ球菌内で直接クローニングすることに成功した。
  4. 豚レンサ球菌recA欠損株にクローニングしたrecA遺伝子全長を再導入し相補試験を行うことに成功した(図3)。これにより作製したシャトルベクターが有用な遺伝子解析ツールであることが実証された。

成果の活用面・留意点
     本研究によって確立された豚レンサ球菌への効率の良い遺伝子導入系は本菌での病原因子の解明にとって有益な遺伝子解析ツールになると考えられている。また,豚レンサ球菌だけでなく,未だ有用なクローニングベクターが開発されていない家畜衛生にとって重要なその他のレンサ球菌への応用も期待される。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010016134
カテゴリ カラー 飼育技術

この記事は