凝集剤による水田からのダイオキシン類の流出防止法

タイトル 凝集剤による水田からのダイオキシン類の流出防止法
担当機関 化学環境部
研究課題名
研究期間 2003~2007
研究担当者 牧野知之
大谷 卓
清家伸康
菅原和夫
発行年度 2003
要約 代掻き時に凝集剤として塩化カルシウムまたは塩化カリウムを施用することで,水稲収量を低下させることなく田面水の懸濁物質(SS)を速やかに沈降させ,SSに吸着しているダイオキシン類の水田系外への流出を大幅に軽減できる。
背景・ねらい ダイオキシン類は水田中で土壌粒子等に吸着・蓄積されており,代掻き時などにSSとともに流出するため水田系外への環境負荷が懸念されている。凝集剤を用いて田面水中のSSを効率的に沈降させ,水田からのダイオキシン類の流出防止技術を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 粘土の分散性が高くSSが生じやすい水田圃場(黄色土)に凝集剤として塩化カルシウムまたは塩化カリウムを施用して代掻きすると,田面水中のイオン強度が高まりSSが凝集し易くなる。このため,SSは沈降し流出が抑制される(図1)。
  2. 凝集剤を15kg/10a施用するとSSが充分に沈降するのに24時間以上要するが,30kg/10aでは代かき1時間後に同程度の効果が得られる。沈降促進効果は塩化カルシウムがやや高い(図1)。
  3. 田面水に含まれるダイオキシン類含量は凝集剤施用で著しく低下する(表1)。
  4. 凝集剤施用は水稲の生育および収量に悪影響を示さず,本技術は現地圃場に適用できる(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 代掻き時においてダイオキシン類を含んだSSの流出抑制に活用できる。
  2. 凝集剤は約2,000円/25㎏(塩化カルシウム),約1,000円/20kg(塩化カリウム)と低コストである。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010015786
カテゴリ 水田 水稲 低コスト

この記事は