ケンタッキーブルーグラス・シロクローバ混播草地における家畜生産性

タイトル ケンタッキーブルーグラス・シロクローバ混播草地における家畜生産性
担当機関 北海道農業試験場
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者 高橋俊
三枝俊哉
手島茂樹
小川恭男
発行年度 2000
要約 ケンタッキーブルーグラスとシロクローバの混播草地は、ホルスタイン去勢牛(6ヶ月齢、220kg)による草丈10-20cmの定置放牧条件で、日増体量0.86kg、ヘクタール当たり増体量858kgと、チモシーの集約放牧草地と同等かやや低い家畜生産性を有する。
背景・ねらい
 省力的な放牧利用を行う大規模草地の基幹草種として期待されるケンタッキーブルーグラスは、生産性、栄養価および嗜好性の低さから、北海道における評価が低かった。しかし、放牧条件では、シロクローバとの混播や短草利用によって、上記の短所が改善される可能性がある。本研究では、寒地での研究事例の少なかったケンタッキーブルーグラス・シロクローバ混播草地を対象に、省力的な放牧に適する定置放牧条件において、その家畜生産性をホルスタイン去勢牛の増体と放牧草の栄養価の面から評価する。
成果の内容・特徴
  1. ケンタッキーブルーグラス・シロクローバ混播草地において、草丈10-20cmで定置放牧を行うと、ケンタッキーブルーグラスのTDN含有率は5月から10月の放牧期間中に67%から61%に低下する。一方、放牧草全体のTDN含有率は66~69%の範囲で季節変動が小さい(図1)。このことは、シロクローバが乾物重構成割合で15-30%混生することにより、放牧草全体のTDN含有率が大きく改善されるとともに、その季節変動が軽減されることを示している。
  2. ホルスタイン去勢牛における放牧草の乾物摂取量は体重の2-4%相当量と十分であり、TDN摂取量も日増体量0.8kgを得るためのTDN要求量をほぼ毎月上回る。また、実際に観測された日増体量も多くの月で0.8kg以上である(表1)。
  3. ケンタッキーブルーグラス・シロクローバ混播草地は、定置放牧条件でも集約的な短期輪換放牧に劣らない家畜生産性を示す。その水準はチモシーの輪換放牧条件にはおよばないものの、放牧日数168日間、延べ放牧頭数を体重500kg換算で559頭・日/haとした場合、ヘクタール当たり増体量858kg/ha、日増体量0.86kgの良好なものである(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. ケンタッキーブルーグラス放牧草地を対象とした放牧利用研究の基礎資料になる。
  2. 本成果は、増体を高い水準に維持するために、放牧頭数を季節的に1牧区当たり6頭から2-3頭の範囲で調節を行って得られたものである。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010015483
カテゴリ 寒地 季節変動 さやいんげん

この記事は