乳牛用飼料として優れる高消化性ソルガム品種「葉月」のロールベールサイレージ

タイトル 乳牛用飼料として優れる高消化性ソルガム品種「葉月」のロールベールサイレージ
担当機関 草地試験場
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者 M. R. イスラム
安藤 貞
加茂幹男
河本英憲
春日重光(長野県畜試)
上垣隆一
西田武弘
石田元彦
早坂貴代史
藤田泰仁
蔡 義民
発行年度 2000
要約 bmr遺伝子を保有するソルガム品種「葉月」のロールベールラップサイレージはスーダングラス「ヘイスーダン」よりも乾物中の可消化養分総量が10%程度も高く,搾乳牛によって乾物重量で1日あたり6~10kg採食可能である。
背景・ねらい
 省力サイレージ調製の可能なロールベールサイレージ体系が普及している。ロールベール体系ではトウモロコシを利用できないので,夏作物としてスーダングラスが利用される場合が多いが,栄養価はトウモロコシに及ばない。一方,リグニン合成阻害遺伝子のbmr遺伝子を保有するソルガム品種「葉月」は,ナイロンバッグ法による消化試験での消化率が高く,密植栽培条件下での耐倒伏性が強いので,ロールベール収穫作業体系によるサイレージ利用も可能である。そこで,「葉月」のロールベールサイレージの牛での栄養価と乳牛による採食量を評価した。
成果の内容・特徴  葉月とヘイスーダンの1番草を開花前期に刈り取ってロールベールラップサイレージを調製し,乳用種去勢牛を用いた消化試験を実施して栄養価を比較するとともに,搾乳牛による葉月ロールベールラップサイレージの自由採食量を測定した。
  1. 葉月の乾物収量はヘイスーダンよりも高い傾向にある(表1)。
  2. 葉月はヘイスーダンに比べて,粗蛋白質や繊維の含量に差はないが,可溶性炭水化物が多い。また,高消化性繊維が多く,リグニンや低消化性繊維が少ない(表1)。
  3. 葉月はヘイスーダンに比べて,低消化性繊維画分の消化率が高いので,繊維全体の消化率が高く,可消化養分総量(TDN)の含量が約10%も高い(図1)。葉月のTDN含量は糊熟期のトウモロコシサイレージに匹敵する。
  4. 葉月の採食時間と反芻時間および両者の合計である咀嚼時間はヘイスーダンのそれらと差はない(図2)ので,葉月の粗飼料価指数はヘイスーダンと変わらない。
  5. 葉月の搾乳牛による自由採食量は乳量と濃厚飼料給与量によって変わるが,乾物重量で1日あたり6~10kgである(表2)。
  6. 以上のことから,葉月はロールベール収穫体系の夏作物として利用し,高泌乳牛に給与できることがわかる。
成果の活用面・留意点
  1. 葉月を乳牛に給与する場合の栄養上の指針として活用できる。
  2. 2番草の葉月の収量と栄養価は別途検討する必要がある

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010015468
カテゴリ 栽培条件 ソルガム とうもろこし トウモロコシサイレージ 乳牛 品種

この記事は