倒伏に強い病虫害抵抗性アルファルファ品種「ネオタチワカバ」

タイトル 倒伏に強い病虫害抵抗性アルファルファ品種「ネオタチワカバ」
担当機関 愛知県農業総合試験場
研究課題名
研究期間 1986~2000
研究担当者 水上優子
稲波 進
神戸三智雄
加藤 満
法邑 勲
山下和巳
杉浦直樹
廣井清貞
井上正勝
深谷勝正
発行年度 2000
要約 アルファルファ「ネオタチワカバ」は、耐湿性、アブラムシ抵抗性、菌核病抵抗性が強い耐倒伏性品種であり、永続性も高い。収量性はタチワカバよりやや高く、関東以西の温暖地でタチワカバに替わる新品種として普及が期待される。
キーワード 耐湿性、アブラムシ抵抗性、菌核病抵抗性、耐倒伏性品種
背景・ねらい わが国暖地・温暖地向けアルファルファ品種としては、早期繁茂多収性のナツワカバ、耐倒伏性のタチワカバ、耐湿性のツユワカバが育成されてきた。しかし、これらの品種はアブラムシ抵抗性が弱く、また耐倒伏性・耐湿性・多収性などを併せ持つ複合抵抗性の品種育成が必要である。
成果の内容・特徴 「ネオタチワカバ」は耐湿性、耐倒伏性、アブラムシ抵抗性、菌核病抵抗性をもとに1~3世代の選抜・交配を行った愛知農試育成の20系統を母材に、菌核病抵抗性、耐倒伏性、アブラムシ抵抗性、草勢で選抜し、集団育種法により育成した系統である。
  1. ネオタチワカバの収量は各利用年次収量、3年間合計収量ともにタチワカバより多収で、ツユワカバと同等である。特に初年目収量が高く、安定生産性を示す(表1)。
  2. 欠株率はタチワカバ、ツユワカバと同程度で、永続性は高い(表3)。
  3. 耐湿性が強く、湿潤な水田転換畑でタチワカバより多収であり、ツユワカバと同等かやや優る(表2)。
  4. 菌核病抵抗性が強く、タチワカバ、ツユワカバに比べほ場接種検定による生存個体率が高い(表2)。
  5. アブラムシ抵抗性がやや強く、アブラムシ放飼検定での草丈はタチワカバ、ツユワカバより高い(表2)。
  6. 倒伏程度が少なく、耐倒伏性はツユワカバより優れ、タチワカバと同等である(表3)。
  7. 越冬性はタチワカバと同等であるが、耐雪性は弱である(表3)。
  8. 早春の草丈はツユワカバと同等で、タチワカバよりやや優る(表3)。
  9. 採種性はツユワカバと同等である(表3)。
  10. 乾物率、飼料成分はタチワカバと同等である(表3)。
  11. 開花期はナツワカバ、タチワカバとほぼ同じである(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 本品種は耐倒伏・耐湿・病虫害抵抗性の暖地向きタイプであり、東北南部から九州の広い地域においてタチワカバに替わる安定多収品種として適応する。適応地域での普及見込面積は約1,500haである。耐雪性がやや弱いので、多雪地帯での栽培は避ける。
  2. 年間の刈取回数は本州で4~5回、九州で5~6回が適する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010015419
カテゴリ アルファルファ 育種 新品種 水田 耐湿性 多収性 抵抗性 品種

この記事は