暖地向き高消化性・耐倒伏性サイレージ用とうもろこし新品種「ゆめちから」

タイトル 暖地向き高消化性・耐倒伏性サイレージ用とうもろこし新品種「ゆめちから」
担当機関 九州農業試験場
研究課題名
研究期間 1994~1999
研究担当者 池谷文夫
伊東栄作
濃沼圭一
江口研太郎
発行年度 1999
要約 「ゆめちから」は暖地向き春播き栽培用とうもろこしの高消化性・早生品種で、ホールクロップのTDN含量が既存品種より3~4高く、抜群の耐倒状性を示す。ごま葉枯病およびさび病抵抗性は極強である。
背景・ねらい わが国の飼料用とうもろこしの栽培では導入品種が主に利用されているが、自給粗飼料の安定生産を図るためには国産優良品種の育成が不可欠である。そこで、九州農試では、中生の晩に属する安定・多収品種「はたゆたか」、中生の高消化性・多収品種「ゆめそだち」等を育成したが、さらに熟期別優良品種の育成が求められている。そこで、「ゆめそだち」より早生で耐倒状性および主要病害抵抗性に優れる高消化性F1品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「ゆめちから」は、「Mi29」を種子親とし、「Mi47」を花粉親として育成されたデント種×フリント種の単交雑一代雑種である。
  2. 熟期は早生に属する。絹糸抽出期は「DK623」より1日早く、「セシリア」より2日早い。アップライト型で、稈長は「DK623」および「セシリア」より低く、着雌穂高は「DK623」より高く「セシリア」より低い(表1)。
  3. 耐倒状性は極強で、「DK623」および「セシリア」よりも強く、折損も少ない(表2)。
  4. 高消化性で、茎葉TDN含量は「DK623」より5%、「セシリア」より7%高い。雌穂TDN含量は「セシリア」並みで「DK623」より3%高い。ホールクロップのTDN含量は「DK623」より4%高く、「セシリア」より3%高い(表3)。これらの特性は乳熟期から完熟初期のいずれのステージでも安定している。(図1)
  5. 乾総収量は「DK623」並みで「セシリア」よりやや低いが、推定TDN収量は「DK623」より6%高く「セシリア」より2%高い。乾雌穂重割合は「DK623」並みで「セシリア」よりやや低い(表1)。
  6. 密植適応性はDK623およびセシリアより高い(表4)。
  7. ごま葉枯病抵抗性は極強で、「DK623」並みに強く、「セシリア」より強い。紋枯病には「DK623」および「セシリア」並に強い。さび病には極強で「DK623」および「セシリア」より顕著に強い(表1)。
  8. 採種量は、雌穂畦比3:1で40kg/a程度が見込まれる。種子親の絹子親の絹糸抽出期と花粉親の雄穂開花期はほぼ合致し、採種栽培では両親を同時採種することができる。
成果の活用面・留意点
  1. 九州、四国および中国地域の春播き栽培に適し、普及見込み面積は3,000haである。
  2. 栽植密度は700~780本/a程度とし、5月下旬までに播種する。二期作栽培の前作に用いる場合には4月上旬までに播種することが望ましい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010015356
カテゴリ ごま 飼料用作物 新品種 抵抗性 とうもろこし 播種 品種 病害抵抗性 ぶどう

この記事は