花粉症を起こさないオーチャードグラス細胞質雄性不稔系統

タイトル 花粉症を起こさないオーチャードグラス細胞質雄性不稔系統
担当機関 北海道農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者 高井智之
水野和彦
大同久明
中山貞夫
発行年度 1997
要約 オーチャードグラスの細胞質雄性不稔株MS795、MS796由来から、細胞質雄性不稔系統とそれらの不稔性を維持する花粉親系統を育成した。細胞質雄性不稔系統はワセミドリより出穂期が2日程早く、越冬性に優れているが、耐病性、収量性はワセミドリより劣る。
背景・ねらい  花粉症が各地で社会的な問題になっているが、北海道では花粉症を引き起こす三大植物として、イネ科牧草、シラカンバ、ヨモギがあり、そのうち30%ほどがイネ科牧草によると報告されている。そこで、日本全国で広く栽培されているオーチャードグラス(カモガヤ)について、細胞質雄性不稔を利用した無花粉化系統の育成を行う。 
成果の内容・特徴 1976年に草地試験場より分譲を受けた8つの細胞質雄性不稔株のうち、不稔性を維持する花粉親個体を検出するため、生き残ったMS795、MS796の2株と正常稔性の12株の間で24組の交配を行った。MS796との交配後代が全て完全不稔型(S2)個体であった3株の花粉親(CL599、1014、1057)の多交配によって、不稔性を維持する花粉親系統HO-MA-1を育成した(表1)。MS795の後代483株から農業形質に優れた完全不稔型(S2)155株、MS796の後代390株から187株を選抜し、各々隔離圃場でHO-MA-1を花粉源として採種し、細胞質雄性不稔系統HO-MS795-1、HO-MS796-1を得た。
  1. MS795とMS796の各交配後代で雄性不稔型の割合が異なり、どの交配でもMS796の後代が完全不稔型(S2)の割合が高く出現する。これはMS795とMS796の核内遺伝子が異なることを示唆する(表1)。
  2. 細胞質雄性不稔系統の完全不稔型(S2)の割合はHO-MS795-1が93.5%、HO-MS796-1が96.2%である(表2)。
  3. 細胞質雄性不稔系統及び不稔性を維持する花粉親系統はワセミドリより出穂期が2日程度早く、越冬性はワセミドリ並みに優れ、病害、収量性はワセミドリより劣る(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 細胞質雄性不稔系統HO-MS796-1及び維持花粉親系統HO-MA-1を種苗登録出願予定。
  2. ヘテロシス育種のための素材として利用できる。
  3. 道路法面,果樹園下草などへの利用の可能性があるが,適性の検討が必要である。
  4. 種子増殖にともなう世代による形質変化の検討は今後の課題である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010015225
カテゴリ 育種 よもぎ

この記事は