年内どり超極早生イタリアンライグラス品種「シワスアオバ」の育成

タイトル 年内どり超極早生イタリアンライグラス品種「シワスアオバ」の育成
担当機関 山口県農業試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 暖地で10月上旬までに播種すると、11月中旬に出穂する超極早生のイタリアンライグラスを育成した。「シワスアオバ」は極早生の「ミナミアオバ」に比べ、年内草の乾物収量は約10%高く、圃場残根量は半分以下で、水稲および夏作飼料作物の前作に適する。
背景・ねらい 近年、西南暖地では夏作飼料作物栽培、水稲栽培の早期化に伴い播種期、田植期が早くなっている。これら夏作物とイタリアンライグラスの作付体系において、夏作の作付準備を時間的余裕をもって行うには、既存の品種よりさらに出穂期が早く、生育期間の短い超極早生品種が求められている。「シワスアオバ」は年内出穂する系統の作出をねらいとして育成したものである
成果の内容・特徴
  1. 段落ごと 図の入る所は右のように入れる(表1)。
  2. 「シワスアオバ」は出穂期が極めて早い。極早生の「ミナミアオバ」、「サクラワセ」の出穂期は4月上旬であるが、「シワスアオバ」は10月上旬(平均気温17℃)までに播種すれば年内に出穂する(表1)。
  3. 形態を「ミナミアオバ」と比較すると、草型はより直立型で、草丈、稈長は低く、稈の太さ、葉身長、葉幅も小さく、1株あたりの茎数は少ない(表2)。
  4. 乾物収量を「ミナミアオバ」対比でみると、年内草収量は109、春1番草収量は62、合計収量は80で年内草収量が高い(表3)。
  5. 乾物収量を地域別にみると、神奈川より平均気温の高い場所の3カ年平均は沖縄を除き年内草収量、春1番草収量とも多いが、石川より平均気温が低い場所では低収である(表3)。
  6. 乾物率は年内草15.3%、春1番草19.1%で「ミナミアオバ」より約2~3%高い。
  7. 刈取後の圃場残根量は少なく、「ミナミアオバ」の半分以下であり、水田裏作に有望である(表4)。
  8. 耐雪性は「ミナミアオバ」同様に極弱である。
  9. 冠さび病抵抗性は中程度である。いもち病抵抗性は「ミナミアオバ」より強い。
成果の活用面・留意点
  1. 適地は平均気温が10月は16℃以上、1月は4℃以上の地域で、主として九州、中四国の低標高地の水田および畑である。
  2. 10月中旬以降(平均気温17℃以下)に播種すると、年内に出穂しないのでシワスアオバの特性が発揮できない。播種適期は9月中~下旬である。極端な早播きは、いもち病多発のおそれがあるので避ける。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010015174
カテゴリ イタリアンライグラス いもち病 飼料作物 水田 水稲 抵抗性 播種 品種

この記事は