近赤外分光分析法によるヒマワリ子実の脂肪酸組成の簡易、迅速測定

タイトル 近赤外分光分析法によるヒマワリ子実の脂肪酸組成の簡易、迅速測定
担当機関 その他
研究課題名
研究期間 1995~1998
研究担当者 高畑康浩
佐藤哲生
酒井真次
森下敏和
野田高弘
柳沢貴司
発行年度 1995
要約 近赤外分光分析法によって、ヒマワリ子実の抽出油脂、剥皮した複数粒子実及び剥皮した単粒子実の脂肪酸組成を簡易、迅速に測定できる。
背景・ねらい 育種あるいは搾油の現場においては、脂肪酸組成の速やかな分析が望まれて
いるが、通常のガス・クロマトグラフィーによる脂肪酸組成の分析は、多くの時
間と手間を要する。このため、近赤外法によるヒマワリ子実の脂肪酸組成の迅速
測定法を検討する。
成果の内容・特徴
  1.  抽出油脂はスライドグラスに挟んで、剥皮した複数粒子実は全粒セルに約50
    g充填し広角度回転ドロワーBran+Luebbe社)で、剥皮した単粒子実は一粒カ
    ップ(Bran+Luebbe社)で、近赤外スペクトルを測定する。
  2.  複数粒子実は、籾すり機(Cyclo Mill, Kett社)で、単粒子実は内部を傷つ
    けないようにしてナイフを用いて剥皮する。
  3.  抽出油脂の近赤外2次微分スペクトルでは、脂肪酸残基の吸収の特徴がより
    強調され、リノール酸含量が増加するにつれ、1720nmの吸収が低波長側に迫り出
    していく( 図1-a )剥皮したものについても、1716と1724nmとを結び傾きが、負から正へと変
    化する( 図1ーb,c )。これらは、リノール酸の方が、オレイン酸・飽和脂肪酸よりも吸収帯が低
    波長側にあるということに対応している。
  4.  近赤外2次微分スペクトルの読みとリノール酸含量との間には強い相関が認
    められる( 図2 )。
  5.  測定精度は、抽出油脂、複数粒子実、単粒子実の順に低下する。
成果の活用面・留意点 抽出油脂の測定では、反応による誘導体化の必要がない、単粒子実の測定で
は、子実が発芽力を保持しているので、計測後も種子として育種、選抜に用いる
ことができる等の利点がある。製油から育種まで、いろいろなレベルで利用可能
な簡素化された測定手法である。
カテゴリ 育種 ひまわり

この記事は