水稲のロングマット水耕育苗における省力的な培養液管理法

タイトル 水稲のロングマット水耕育苗における省力的な培養液管理法
担当機関 農業研究センター
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者
発行年度 2000
要約 水耕栽培用の培養液の1種である大塚A処方に、水稲播種プラント用肥料を混ぜて、水稲の草丈が2~3cmになった時に1回だけ施用する省力的な培養液管理で、草丈が高く葉色の濃いロングマット水耕苗が育苗できる。
背景・ねらい ロングマット水耕苗による移植栽培は、種蒔きから田植までを簡略化・軽作業化でき、大規模経営にも適する省力化技術として期待される(平成8年果情報)。この技術の特徴の一つは水耕で育苗する点にある。だが、野菜用の培養液である大塚A処方による培養液管理では、毎日ECを測定し低下したら原液を追加しECを元に戻す(毎日EC管理)方法を採っており、調整に労力を要すると共に苗の葉色が淡いなどの問題を抱える。そこで、ロングマット水耕育苗における省力的な培養液管理法について明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 大塚A処方に水稲播種プラント用肥料(全窒素10%アンモニア性窒素9.7%)を2割程度混ぜる培養液処方により、大塚A処方のみ(慣行)に比べて、草丈が高く、葉色の濃い苗が育苗できる(表1)。
  2. 育苗中に1回または2回だけ施肥した場合でも、毎日EC管理(慣行)と比べて、葉令や地上部重など生育に殆ど差はなく、発根量など活着の面でも問題ない(表2)。
  3. 1回施肥の場合、早い時期の施用では葉色が淡く安定せず遅いと生育が劣るため、施肥時期は、草丈が2~3cm前後に達する(加温条件下なら播種5日目)頃が妥当である(図1)。培養液濃度(施肥量)としては、水道水よりECで+2.5dS/m高い値(=毎日EC管理の総量)が適当で、低いと生育が劣り、高いと培養液中に肥料が多く残存する。
  4. 上記の培養液管理を行った場合、pHはいったん下がった後7前後に上昇し、一方、ECはほぼ直線的に減少し、育苗完了時には水道水よりやや高い程度の値となる(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. ロングマット水耕苗の育苗技術の安定化が図られる。
  2. 上記の成果は、水耕育苗装置でロングマット稚苗を育てるため、1ベンチ(6m×4ベッド)当たり水道水(pH:7.4、EC:0.39dS/m)160㍑を用いて、初期は昼30℃夜20℃、それ以降は徐々に気温を下げ、育苗後期には外気温に慣らす育苗条件下で得られたものである。
  3. 苗の生育は、その時の温度条件などにより変わるため、高品質苗の安定生産のためには温度管理技術の確立が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010014755
カテゴリ 育苗 温度管理 省力化 水稲 水耕栽培 施肥 大規模経営 播種

この記事は