不耕起乾田直播と麦-大豆作を組み合わせた大規模水田輪作営農モデル

タイトル 不耕起乾田直播と麦-大豆作を組み合わせた大規模水田輪作営農モデル
担当機関 農業研究センター
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 不耕起乾田直播水稲と麦-大豆を組み合わせた大規模水田輪作営農モデル(3戸協業)を構築し、シミュレーションを行った結果、汎用型不耕起播種機を用いて5年7作の田畑輪換を行う場合、55ha前後まで規模拡大が可能で、1農家当たり約1千万円の所得が実現できることが明らかとなった。
背景・ねらい 担い手の減少、米価の下落、生産調整の強化等、水田農業を取り巻く社会経済環境は一段と厳しくなっており、生産性の高い水田作経営の確立が急務となっている。そこで、現地営農試験から得られたデータに依拠して不耕起乾田直播水稲と麦-大豆を組み合わせた大規模水田輪作営農モデルを構築し、シミュレーション分析を行うことによって、経営規模を拡大した場合の作物・品種構成、労働時間、農業所得等について具体的に提示する。
成果の内容・特徴
  1. 大規模水田輪作営農モデルを構築する際の前提条件は表1に示すとおりである。①想定するモデルは3戸からなる協業経営(農業労働力5名)で、水田12haを所有し、稲・麦・大豆に加え、イチゴやみそ加工等の複合部門を有する。②稲・麦・大豆作では、レーザー均平機による冬期整地・鎮圧作業、農業研究センターで開発したディスク駆動式汎用型不耕起播種機による播種作業、乗用管理機による防除作業を行う。③転作率は30%とし、水田の高度利用を図るため極力麦-大豆二毛作を行う。
  2. 営農モデルで使用する稲・麦・大豆の主要な技術係数は表2に示すとおりである。
  3. 上記の前提の下で、FAPSを用いて数理計画モデルを構築して最適解を求めると、借地拡大が可能な場合の大規模水田輪作営農モデルの部門構成と収支は、表3のようになる。これによると、前提とした労働力、機械装備、作目構成、転作率、降雨条件の下では、ほぼ55ha前後まで規模拡大が可能で、自作地地代を含め3,372万円の所得が実現できることが分かる。さらにまた表4に示すように、団地化可能な圃場が33ha程度確保できた場合は、乾直水稲→乾直水稲→麦-大豆→麦-大豆→移植水稲といった5年7作の理想的な土地利用が可能になる。
成果の活用面・留意点 本営農モデルは、関東地域の利根川下流域を対象にしたものであるが、乾田直播及び麦-大豆二毛作が可能な他の地域にも適用できる。その際は、気象、圃場条件等の違いにより、想定する技術内容等を修正して、作目・品種構成や農業所得を推定する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010014585
カテゴリ いちご 加工 乾田直播 規模拡大 経営管理 水田 水稲 大豆 二毛作 播種 品種 防除 輪作

この記事は