土壌くん蒸剤と接触型殺線虫剤の一貫施用によるジャガイモシストセンチュウそうか病の防除法

タイトル 土壌くん蒸剤と接触型殺線虫剤の一貫施用によるジャガイモシストセンチュウそうか病の防除法
担当機関 長崎県総合農林試験場
研究課題名
研究期間 1996~1999
研究担当者
発行年度 1996
要約 暖地二期作バレイショ栽培地帯では,秋作前の土壌くん蒸剤と春作前の接触型殺線虫剤の一貫施用により,ジャガイモシストセンチュウとそうか病の発生を同時に制御できる。
背景・ねらい 暖地二期作バレイショ栽培地帯では,強度連作によりそうか病等の土壌病害虫が大発生し,クロルピクリンくん蒸剤による土壌消毒を作付前に行うことで生産を維持している。このような中,平成4年に長崎県で暖地として初めて,ジャガイモシストセンチュウの発生が確認された。暖地用バレイショ品種は,本線虫に対し抵抗性を有しないことから発生の拡大が強く危惧され,効果的な防除法の開発が強く望まれていた。本線虫に対し慣行のクロルピクリンくん蒸剤の単用は効果が低いことから,シストセンチュウとそうか病を同時に制御する手法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 土壌中におけるシストセンチュウのシスト数は,春秋無処理区に比べ,秋作前のくん蒸剤(クロロピクリン,D-D)処理と春作前の接触型殺線虫剤の一貫処理区で低下する(表1)。
  2. ジャガイモ根部のシスト寄生度および寄生株率は,春秋無処理区に比べ一貫処理区で低く,一貫処理によりシストセンチュウの寄生は,ほとんど認められなくなる(表1)。
  3. ジャガイモそうか病の発生は,いずれの一貫処理区でも効果的に制御される(表2)。
  4. 一貫処理によるバレイショの生育抑制,収量低下は認められない(表3)。
成果の活用面・留意点 1)暖地二期作ジャガイモ栽培地帯のジャガイモシストセンチュウとそうか病の同時防除に適用できる。
2)D-D剤単用ではそうか病に対する防除効果が安定しない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010014422
カテゴリ 害虫 くり 抵抗性 土壌くん蒸 土壌消毒 春作 ばれいしょ 品種 防除

この記事は