麦芽品質の優れる二条大麦新品種「ミハルゴールド」

タイトル 麦芽品質の優れる二条大麦新品種「ミハルゴールド」
担当機関 福岡県農業総合試験場
研究課題名
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 ビール醸造用二条大麦「ミハルゴールド」はあまぎ二条に比較して大麦縞萎 縮病とうどんこ病に抵抗性を持ち、耐湿性がやや強く、穂発芽性はやや難である。また、多収で、麦芽品質は安定して優れる。福岡県で準奨励品種に採用。
背景・ねらい わが国の主要な麦作地帯である北部九州において、ビール大麦は麦類の中では早生で水稲との作期の競合が少ないため、土地利用型作物として重要な位置を占めている。しかし現在、福岡県の基幹品種であるあまぎ二条は、大麦縞萎縮病に弱く常発地帯での栽培が出来ず、また近年凸腹粒や湿害の発生により、外観品質が低下している。そこで、大麦縞萎縮病に強く、熟期が早いアサカゴールドへの転換を図っているところであるが、アサカゴールドはうどんこ病に弱いため、県下全域をカバーすることは困難である。このため、大麦縞萎縮病・うどんこ病の複合抵抗性を持ち、耐湿性が強く、強稈で、整粒歩合が高く、被害粒の発生が少なく、醸造品質の優れた多収品種が待ち望まれている。
このような生産者や実需者の強い要望に応えるため、醸造品質が優れ、病害抵抗性、障害抵抗性、多収などを兼ね備えた品種育成を目標とした。
成果の内容・特徴 本品種は「(大系H804/Spartan)F1//栃系157」の組合せから育成された醸造用二条大麦品種である。
あまぎ二条と比較して次のような特徴をもつ。
  1. 出穂期、成熟期は同程度かやや遅く、アサカゴールドに比べてそれぞれ2日遅い。
  2. 稈長と穂長はやや短く、穂数はやや多い。
  3. 大麦縞萎縮病とうどんこ病はともに強い。赤かび病は同程度である。
  4. 耐倒伏性はやや強い。耐湿性はやや強く、穂発芽性はやや難である。 5.側面裂皮粒は微程度発生するが、凸腹粒の発生は少ない。
  5. 多収で、整粒歩合が高く、大粒である。
  6. 外観品質は同程度である。特にちりめんじわが多い。
  7. 醸造用麦芽品質は麦芽エキスとジアスターゼ力が特に優れ、総合評点も安定して優れる。
成果の活用面・留意点
  1. 福岡県で準奨励品種に採用。
  2. 大麦縞萎縮病・うどんこ病の常発地帯のあまぎ二条に替えて普及を図る。
  3. 穀皮が薄いので、剥皮を生じないよう脱穀調製に十分注意する。
  4. 極端な早播は外観品質の低下を招き、極端な晩播は成熟期の遅れを招くので、適期播種に努める。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010014197
カテゴリ アスター 萎縮病 うどんこ病 大麦 湿害 新品種 水稲 耐湿性 抵抗性 播種 品種 病害抵抗性

この記事は