大麦・小麦の虫害による減収量の推定

タイトル 大麦・小麦の虫害による減収量の推定
担当機関 農業研究センター
研究課題名
研究期間 1994~1994
研究担当者
発行年度 1994
要約  害虫類が圃場で大麦・小麦を食害することにより、どの程度の減収・品質低下を引きおこすかを6年間調査した。防除区と比較して、無防除区では平均大麦5%、小麦8%減収したが品質(等級)低下は認められなかった。
背景・ねらい  農作物の生産上向上をはかる上で、病害虫防除は作物・地域・年等により、その重要性は同じではない。防除を適確に行わなければ、重大な損失を引きおこすこともあり、時によっては無視した方が経営的に有利なこともある。大麦(カシマムギ)と小麦(農林61号)を一般的に行われている肥培管理に従って畑圃場で栽培し(表1)、防除区と無防除区の収量・品質を比較した。
成果の内容・特徴
  1. 大麦・小麦の発芽に被害を与えるトビムシ類、および立毛中に被害を与えるハモグリバエ・ヒメトビウンカ・アブラムシなどを対象として防除を行った。
  2. 大麦で防除区:無防除区収量の6年間の比較値は平均 100 : 95(変動幅91~99)、粗収入差は597~6030円/10aであった(表2)。
  3. 小麦では収量の比較値は平均100:92(変動幅86~97)、粗収入差は2327~10506円/
    10aであった(表2)。
  4. 害虫による平均減収は大麦5%、小麦8%と推定された(表2)。
  5. 害虫による被害は、麦の品質(等級)にはほとんど影響しなかった(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. ムギアカタマバエ等重要害虫の発生地帯を除いて、関東から中国地方に適用できると考えられる。
  2. 害虫の発生状況を調査する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010014104
カテゴリ 大麦 害虫 経営管理 小麦 肥培管理 ヒメトビウンカ 病害虫防除 防除

この記事は