12月上旬出荷用のウンシュウミカン新品種「肥のみらい」

タイトル 12月上旬出荷用のウンシュウミカン新品種「肥のみらい」
担当機関 熊本農研セ
研究課題名
研究期間 1971~2007
研究担当者
発行年度 2007
要約 「肥のみらい」は、普通ウンシュウ「白川」の変異系統を種子親に「はるみ」を花粉親として育成した珠心胚実生である。「白川」に比べ樹勢がやや弱く、結果性が良いため、収量は多く、果実の中玉果率は高い。また、11月中旬には完全着色し、食味が優れ、栽培しやすい中生の普通ウンシュウとして期待できる。
キーワード 普通ウンシュウ、新品種、肥のみらい、珠心胚実生、12月上旬出荷
背景・ねらい 贈答用や家庭用にウンシュウミカンが最も消費される時期である12月上旬に出荷可能で食味が優れ、栽培しやすい品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 1994年、「白川」変異系統(「白川」より成熟が1ヶ月程度早く、樹勢がやや弱い)を種子親に「はるみ」を交配し、胚分離・培養を行って育成した珠心胚実生である。2007年8月7日に品種登録された。
  2. 「白川」と比較して、樹勢がやや弱く、「興津早生」より強い。また枝梢は、「白川」に比べ春梢の基部径が細く、長さは短く、徒長枝の発生は少ない(表1)。
  3. 「白川」と比べ結果性が良好で(図2)、果実は扁平であり、大きさはM・L級の中玉果比率が高い(図3)。
  4. 果実着色は「興津早生」に比べやや遅いが、「白川」より早く、11月中旬には完全着色し、果皮色は濃い傾向にある。また、この時期より浮皮が発生する(表2)。
  5. 果汁成分は、「白川」、「興津早生」に比べ糖度がやや高く、クエン酸はやや低い。じょうのうは「白川」に比べ、軟らかいため食べやすく、食味は良好である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 「肥のみらい」は、県内ウンシュウミカン栽培地域において、温暖で日照条件が良く排水良好な園に適する。
  2. 結果期に至るまで、葉数を確保し、適正な樹勢を維持することが必要である。また、結果期以降はシートマルチ栽培を行うことにより、さらに高品質果実が生産される。
  3. 完全着色期より浮皮が発生することから、11月中旬には収穫し、予措貯蔵後12月上旬に出荷する。
  4. ウイルス・ウイロイド対策として、高接ぎ樹からの穂木採取は行わない。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013762
カテゴリ 温州みかん 出荷調整 新品種 高接ぎ 品種 良食味

この記事は