大豆作付け回数が多くなると、土壌の理化学性が悪化し、大豆の収量が低下する

タイトル 大豆作付け回数が多くなると、土壌の理化学性が悪化し、大豆の収量が低下する
担当機関 土壌環境部
研究課題名
研究期間 2005~2006
研究担当者
発行年度 2007
要約 暖地の二毛作水田において、「稲麦稲麦」体系に比べて、「稲麦豆麦」や「豆麦豆麦」体系では、土壌の容積重が重く、孔隙率が低い。また、全窒素、全炭素及び可給態窒素量も低い。さらに、大豆作付けの頻度が高い圃場ほど大豆の収量が低い。
キーワード 大豆、作付け頻度、容積重、孔隙率、全炭素、可給態窒素、収量
背景・ねらい 新たな米政策のもと、麦・大豆の本作化が進み、北部九州では水稲ー麦ー大豆ー麦の2年輪作体系が増加している。このため、水田が畑状態となる頻度が増加するとともに、地域によっては水利上の理由から長期間の畑ー畑体系となる場合もある。このような畑期間の長期化に伴って、土壌の生産力減退と大豆の作柄低迷が懸念されている。
そこで、暖地の田畑輪換圃場について、作付け履歴と土壌の理化学性及び大豆作柄との関係を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 輪作体系の異なる圃場群において、「稲麦稲麦」体系に比べて、「稲麦豆麦」や「豆麦豆麦」体系では、土壌の容積重が重く、孔隙率が低い。また、「豆麦豆麦」、「稲麦豆麦」、「稲麦稲麦」体系の順に全窒素、全炭素及び可給態窒素量が低い(表1)。
  2. 大豆作付け頻度と土壌の容積重、孔隙率、全炭素及び可給態窒素量との間には相関関係が認められ、大豆作付けの頻度が高いほど土壌の理化学性が悪化する(図1、図2)。
  3. 大豆の収量は大豆作付け頻度が高い圃場ほど低い。また、大豆の収量は土壌の理化学性との関係が深い(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 暖地水田輪作における大豆の高品質安定生産のためのブロックローテションの配置や肥培管理などの基礎資料として活用する。
  2. 福岡県久留米市の土性(埴壌土)と気象条件が均一で、有機物施用を行っていない地域で調査した結果である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013695
カテゴリ 水田 水稲 大豆 二毛作 肥培管理 輪作 輪作体系

この記事は