硬質小麦における実肥施用は赤かび病の発病とかび毒蓄積に影響しない

タイトル 硬質小麦における実肥施用は赤かび病の発病とかび毒蓄積に影響しない
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 2004~2006
研究担当者
発行年度 2006
要約 暖地・温暖地向け硬質小麦「ニシノカオリ」および「ミナミノカオリ」において、蛋白質含有率向上を目的とした開花期の実肥施用は、赤かび病の発病とかび毒蓄積に影響しない。
キーワード 赤かび病、硬質小麦、実肥、かび毒、デオキシニバレノール、ニバレノール
背景・ねらい 暖地・温暖地向け硬質小麦「ニシノカオリ」および「ミナミノカオリ」は、製パン適性が良いことから栽培面積が急増している。しかし、これらの品種は赤かび病抵抗性が従来の品種よりも弱く、さらに蛋白質含有率を高めるために開花期頃の実肥が必要である。このため、追肥窒素により作物体の赤かび病に対する感受性が増し、かび毒汚染リスクが高くなることが懸念されている。そこで、これら品種において実肥が赤かび病の発病とかび毒蓄積に及ぼす影響について検討する。
成果の内容・特徴 1.ポット栽培した各品種の開花期(出穂8日後)に実肥を施用すると(窒素0, 4, 8kg/10a)、追肥窒素量に応じて収穫物の蛋白質含有率は高まるが、施用後の噴霧接種による赤かび病の発病度、罹病粒率およびかび毒(デオキシニバレノール(DON)・ニバレノール(NIV))の蓄積には変化が認められない(図1(2004年), 2005年データ略)。
2.発病環境の異なる圃場で栽培した上記2品種の開花期(出穂8日後)に実肥を施用し(窒素0, 4, 8kg/10a)、赤かび病菌培養トウモロコシ粒を株間に散布する方法で接種を行うと、いずれの圃場においても収穫物の蛋白質含有率は実肥により高まるが、赤かび病の発病度、罹病粒率およびかび毒(DON・NIV)の蓄積には変化が認められない。(図2)。
3.以上のことから、これら硬質小麦品種において、蛋白質含有率を高めるための実肥は赤かび病の発病とかび毒蓄積に影響しない。
成果の活用面・留意点 1.実肥を施用することで赤かび病の防除回数を増やす必要はない。
2.本成果はかび毒を低減するための適正農業規範(GAP)に活用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013643
カテゴリ 硬質小麦品種 小麦 抵抗性 とうもろこし 品種 防除

この記事は