飼料イネ裏作に飼料麦を活用した高収量作付体系の実証

タイトル 飼料イネ裏作に飼料麦を活用した高収量作付体系の実証
担当機関 福岡農総試
研究課題名
研究期間 2003~2005
研究担当者
発行年度 2006
要約 大麦・イタリアンライグラス混播は、イタリアンライグラス単播と比較して乾物収量が高く、乳牛による嗜好性に優れている。エンバク単播は1回刈りで高収量なため省力的である。いずれも飼料イネの裏作として栽培するのに適している。
キーワード 大麦、エンバク、イタリアンライグラス、混播
背景・ねらい 近年、飼料イネの栽培面積が増加しているが、裏作としてはイタリアンライグラスや飼料麦がある。九州地域に適する飼料イネは、晩生品種が多いため、飼料イネの裏作は播種時期が遅くなりやすく収量や品質が低下しやすいなどの問題がある。これまでに、飼料畑で11月や12月に播種する場合の飼料麦はイタリアンライグラスに比べ、低温時の生育が良好であり、収量が高くなることを明らかにした(研究成果情報第21号)。このことに加えて、飼料イネの裏作としての栽培期間を考慮すると、収量性の高い大麦・イタリアンライグラス混播及びエンバク単播が適していると考えられる。そこで、飼料イネの裏作として飼料麦を栽培して、収量性及び乳牛によるサイレージの嗜好性を明らかにし、飼料麦が飼料イネの裏作として適していることを実証する。
成果の内容・特徴
  1. 大麦・イタリアンライグラス混播及びエンバク単播ともに乾物収量が高く、栽培期間は11月上中旬に播種して、5月上旬~下旬までに収穫を終えることが可能であるため、飼料イネの裏作として適している(図1、表1)。
  2. 大麦・イタリアンライグラス混播の乾物収量は、同時期に栽培したイタリアンライグラス単播の105~130%と高く、サイレージの発酵品質は良好で、乳牛の嗜好性も優れるため、飼料イネの裏作として最も適している(表1、表2、表3)。
  3. エンバク単播は、1回刈りでもイタリアンライグラス単播の2回刈りと同等以上の収量が得られ省力的であるとともに、栽培期間は5月上中旬で終了するため、後作の田植えまでに日程的な余裕がある。しかし、サイレージ発酵品質が良好にもかかわらず、乳牛の嗜好性がやや劣り、倒伏しやすい欠点もある(図1、表1、表2、表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 飼料イネ以外にも水稲全般の裏作水田で飼料作物栽培を行う際に活用できる。
  2. 後作の水稲作を5月中旬以前に移植又は直播する場合には大麦単播又は大麦・イタリアンライグラス混播の1回刈りとし、水稲作を5月下旬の早植えや直播する場合にはエンバク単播とする。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013518
カテゴリ イタリアンライグラス 大麦 飼料作物 水田 水稲 乳牛 播種 品種

この記事は