温州萎縮ウイルスおよび近縁ウイルスの分類学的位置

タイトル 温州萎縮ウイルスおよび近縁ウイルスの分類学的位置
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター
研究課題名
研究期間 2004~2006
研究担当者
発行年度 2005
要約 カンキツの重要ウイルスである温州萎縮ウイルス(SDV)は、新たに設立されたサドワウイルス属の代表種である。従来、SDVの近縁種とされたカンキツモザイクウイルス、ナツカン萎縮ウイルス、ネーブル斑葉モザイクウイルスは、SDVの系統である。
背景・ねらい 温州萎縮ウイルス(SDV)はウンシュウミカンなどに激しい萎縮症状を起こし、また土壌伝染する難防除ウイルスである。SDVは性状の解明が遅れ、分類学上の位置が不明確で、ネポウイルス属の暫定種とされる。そこで、SDVおよび近縁種とされるカンキツモザイクウイルス(CiMV)、ナツカン萎縮ウイルス(NDV)、ネーブル斑葉モザイクウイルス(NIMV)の塩基配列と遺伝子構造を明らかにし、ネポウイルス属などと比較検討して、分類的位置を決定する。
成果の内容・特徴
  1. SDVの遺伝子構造は、RNA1にNTP結合ヘリカーゼ、プロテアーゼ、RNA依存性RNAポリメラーゼのモチーフが、RNA2に細胞間移動関与タンパク質のモチーフと外被タンパク質遺伝子がそれぞれ5'から3'の方向に並んでいる点で、ネポウイルス属のトマト輪点ウイルス(ToRSV)やコモウイルス属のカウピーモザイクウイルス(CPMV)に類似している。しかし、外被タンパク質が2成分であることで、ネポウイルス属ToRSVとは区別される。また、コモウイルス属には認められない5'共通タンパク質を持つので、CPMVとも識別される(図1)。
  2. RNA依存性RNAポリメラーゼの保存領域のアミノ酸配列から作成した系統樹で、SDVはコモウイルス属やネポウイルス属のウイルスとは、クラスターを形成せず、独自の分岐をする(図2)。
  3. SDV、CiMV、NDV、NIMVの外被タンパク質の42K成分、22K成分のいずれも互いに77%から92%の相同性を示す(表1)。
  4. 以上のことから、SDVは既報のどのウイルス属とも異なる新属(サドワウイルス属)の代表種で、CiMV、NDV、NIMVはSDVの系統として、分類される。
成果の活用面・留意点
  1. サドワウイルス属は、第8次国際ウイルス分類委員会報告に正式な属として承認、記載されている。
  2. サドワウイルス属には、外国で性状が解明されたStrawberry latent ringspot virusとStrawberry mottle virusが含まれる。
  3. サドワウイルス属ウイルスの種の分類基準は生物学的、血清学的性状と外被タンパク質42K成分のアミノ酸配列の相同性(75%)である。
  4. サドワウイルス属は特定の科に所属しない。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010013429
カテゴリ 温州みかん トマト ネーブル 防除 その他のかんきつ

この記事は